福祉用具

iPhoneが補聴器と繋がる?聴覚障害へiOSができるサポート機能について

 

難聴の高齢者や聴覚障害を持つ方にとって、メールなど文字を表示してやり取りするコミュニケーション方法は非常に有益なものと言えます。
iPhoneやiPadのiOSには聴覚に障害がある方のサポート機能(アクセシビリティ)も標準で搭載されています。

iOSの聴覚サポート

聴覚に障害がある人のための、iPhoneやiPadを使いやすくするためのサポート機能(アクセシビリティ)は以下の5つの項目があげられます!

①ヒアリングデバイス
②LEDフラッシュ通知
③モノラルオーディオ
④電話ノイズキャンセリング
⑤音量バランス

①ヒアリングデバイス


iPhoneやiPadは補聴器と連携できる機能を搭載しています。
もちろんすべての補聴器ではなく、APPLE社と協力している補聴器メーカーの商品に限りますが、かなりクリアな音質のようです。
またBlootooth対応のイヤフォン同様ワイヤレス接続ですので集音器のようなコードによるわずらわしさも感じないのは非常に魅力的と言えます。

iPhoneで使える補聴器一覧(Amazon)

②LEDフラッシュ通知


聴覚に障害がある方にとっては、電話着信やメッセージ受信の通知を着信音で知ることはできません。
バイブレーション機能…でも対応できますが、その場合はあくまでも身に着けている時限定になってしまいます。
LEDフラッシュ通知を設定することによって、着信時にiPhoneの背面の着信ランプが点滅し、着信を視覚的に知ることができます。

③モノラルオーディオ


通常はステレオ設定になっていますが、このままだと片側の聴覚に障害がある方にとっては左右どちらかのチャンネルからの音のみしか聞くことができません。
モノラルオーディオ設定をすることで、イヤフォンを片耳だけで使用していても左右両方のチャンネルの音を聞くことができます。

④電話ノイズキャンセリング


ノイズキャンセリングとは周囲が騒がしい場所で電話をしていても、その雑音を消して会話のみを聴きやすくする機能です。
そのメカニズムについてはここでは割愛しますが、やはり聴覚に障害がある方にとっては常に「聞き取りにくさ」を感じているため、このような機能を使用してみる必要があると言えます。

⑤音量バランス


前述したモノラルオーディオ機能に近いものですが、音量の左右バランスを調整することで片側の聴覚に難聴がある方にとってはより聞きやすくすることができます。

まとめ

スマホもタブレットも、このようなアクセシビリティ機能を使うことで聴覚の障害を有する方にとっても非常に使いやすくなるツールになります。
もちろんこれは難聴を持つ高齢者にとっても同じことです。
このような機能を知っておくことも、OTの強みと言えます!

作業療法士は語りたい!

ちなみにiPhoneのテレビ電話機能であるFaceTimeを使えば
手話でのやり取りが可能なんだよね。
たしかに!
ITの発展って、本当に障害を克服するためのツールになる可能性がありますね!
そういった意味でも、作業療法士は、
ITの分野にどんどん入り込む必要があるんだろうね!
 

おすすめ記事

ブルンストロームステージ(Brunnstrom stage:Brs)による脳卒中片麻痺の評価方法について 脳卒中の患者に毎日好きな音楽を聴かせたら、脳に変化が起きた!…という話。 ADL能力の評価の目的と 判定基準、検査方法についてまとめてみた! 認知症検査であるGBSスケールの目的や方法、メリット・デメリットについて 作業療法士が就労支援の対象者を評価する際の3つのポイントについて

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP