職業・産業リハ

産業カウンセラー(資格や業務内容)について調べてみました!

 

働く人のメンタルヘルスの問題は、今後も非常に重要視されていきます。
その際支援する側の資格の一つとして、産業カウンセラーがあげられます。
今回はこの産業カウンセラーの資格やその業務内容についてまとめてみました!

産業カウンセラーとは?



産業カウンセラーの定義としては、「働く人の援助を行う専門家」とされています。
企業内における職員のメンタルヘルス対策、キャリア形成支援を行っている資格になります。

産業カウンセラーの主な仕事



前述したように、産業カウンセラーの主な仕事は大きく分けると
①メンタルヘルス対策への援助
②キャリア開発の援助
2つになります。

①メンタルヘルス対策への援助



長時間労働やうつ病、過労による自殺や職場の人間関係といった、働く人の心の問題は近年非常に注目されています。
様々な問題により心の病を発症し、長期的に休職をする人や、自殺という手段に至ってしまう人もいることから、早急な対策が必要とされています。
そのため、産業カウンセラーによるカウンセリングによって、働く人の心の問題に寄り添い、少しでも健康的な社会生活を送れるように支援することが重要な仕事といえます。

②キャリア開発の援助



また、働いている人にとっての課題であるキャリアアップ、キャリア開発に対しての支援も行います。
その個人に合った働き方、キャリア形成の方法から、能力開発に対しての悩みを聞き、アドバイスを行うことも産業カウンセラーの業務といえます。

産業カウンセラーに必要な資格や能力について



産業カウンセラーになるために必要な資格としては、一般社団法人 日本産業カウンセラー協会(JAICO)が運営する産業カウンセラー養成講座への参加が必須となっています。
また産業カウンセラーになるために必要な能力(スキル)としては、基本的な社会人としての常識や能力はもちろんですが、やはり相手の悩みや相談を聴くことから始まるので「傾聴」の姿勢が必要とされています。
養成講座ではカウンセリングの基本や心理学、精神医学といった精神・心理系の講義だけでなく、労働関係の法規も学ぶことから、労働関係の幅広い知識が必要とされてくるといえます。

産業カウンセラーの雇用について



ただ、この産業カウンセラーのみでの求人はほぼ皆無ということからも、他の資格と組み合わせての“ダブルライセンス”として取得される人が多いようです。
なので産業医産業看護師産業保健師といった資格保有者が取得することで、自身のキャリアアップや活躍できる場を広げることができるというケースが多いようです。

産業カウンセラーの人数について

産業カウンセラー協会のデータをみると、2015年10月の段階で会員数は30000人なので、この人数が産業カウンセラーの人数として扱われて問題ないようです。

産業カウンセラー×産業作業療法を考える

産業カウンセラー養成講座の講義において精神医学はあるもののコマ数としては少なく、統合失調症や強迫神経症といった精神疾患については作業療法のカリキュラム程詳しく学べないのが実際のところのようです。
ただ、産業カウンセラー養成講座では労働法規や傾聴の方法など労働にフォーカスしたメンタルヘルスに関しては強いことからも、産業作業療法士としてのキャリアアップを考えた際に産業カウンセラーの資格をダブルライセンスとして取得しておくことはメリットが多いのかもしれませんね!

まとめ

今後さらに働く人の心の問題は注目されていくと思います。
そのことからも産業カウンセラーのように働き方における心のケアを行う資格は非常に重要とされていくのかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

カウンセラーって対象が幅広いイメージですけど、
産業カウンセラーっていうと「働く人を対象としている」ってイメージになりますからより専門的な印象になりますね!
たしかに対象が広くて「なんでもどんな人でも支援できます」っていうよりは、
ある程度対象を絞って「○○のような人を支援することが得意」って打ち出した方が受容は高くなるだろうからね!
作業療法も対象は広いことからも、自分が支援する対象を絞っていくっていうキャリア形成は今後必要かもしれないですよね!
作業療法の業界もターゲットをセグメントしていく段階なのかもね!
Sponsored Link
 

関連記事

  1. 作業療法はもっと職業リハに関わっていく必要があると思うんです。
  2. 両立支援に当たっての5つの注意事項について!
  3. 作業療法士が中途障害者の職場復帰、復職に関してできる事を考えた
  4. 職業リハビリテーションに関わる関連施設についてざっくり調べてみた…
  5. 勤労と労働、仕事と働くことの意味や違いについて調べたらカオスにな…
  6. 両立支援において、労働者・医療・職場それぞれが抱える課題について…
  7. 脳卒中後の職業復帰に結びつくクライテリア(尺度・基準)って結局な…
  8. 就労移行支援の内容と、サービスを受けるメリット・デメリットについ…

おすすめ記事

アドラー心理学の“勇気づけ”を知れば、人間関係の円滑化に役立つ?? これからの作業療法士として生き残るために必要な7つのこと。 アドラー心理学は相手の性格の傾向を知る一つのツールになるって話! 自動車運転リハビリテーションの取り組みは、やっぱりアメリカがすごかったって話。 mRS(modified Rankin Scale)による評価の目的や方法、判断基準などについて
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP