職業・産業リハ

自分の職場の上司に言ってはいけない12のこと!

 

仕事を上手にスムーズにこなすためには、人間関係をうまくこなすことが重要だと思っています。
特に自分の上司とは荒波を立てたくないと思っている方も多いかと思います。
そこで今回は「上司に言ってはいけない12のこと」について。
職場の人間関係でお悩みの方には必見です!

①「できません!」


上司から何かを頼まれたとき、開口一番での返答がこれではいけません。
「Noと言える日本人」を主張するにも言い方、伝え方を上手にする必要があります。

②「それは私の仕事ではありません」


…いたなぁ。これ言っちゃった新人(笑)
一見するとあまり繋がらない、意味のない仕事(作業)のように思えても上司にはなにかしらの理由があるから頼んだってこと、多いんですけどね(苦笑)

③「これになんの意味があるんですか?」


これも同じ。一見意味のないような仕事でも、必ず自分の「糧」になります。
柔軟な発想を持って取り組みことって重要です!

④「申し訳ありません…ですが…」


難しいところですね。
個人的にはYESマンになれとは言わないけど、すぐに言い訳をする子もちょっとなー(泣)

⑤「前の職場ではこういうやり方でしたが?」


「郷に入っては郷に従え」って言葉があるとおり、その職場、部署なりのやり方があるんです。
変えていくことは必要ですが、そのためにもまずは順番ってありますから。。

⑥「これ、私のミスじゃなく○○さんのミスですよね?」


感覚的にですが、平成生まれの子、結構これ言う傾向あります。
聞いててヒヤヒヤします(泣)

⑦「あの人とは仕事したくありません」


「竹を割ったような性格」「さっぱりしている」と「配慮がない」とは大きな違いがあります。

⑧「メールでは連絡しておきましたけど?」


実際の仕事、現場では「配慮」だったり「+α」が重要になってきます。
特に重要な連絡はメールだけでなく一言声かけておくなどしておいたほうがよいかもしれません。

⑨「え?私この日お休みもらいますよ?」


いいんですよ。有給ですから。働くものの「権利」ですから。
でもこの「権利」を振りかざす人ほど、行うべき「義務」を果たしていない場合が多いのは不思議!

⑩「今日は疲れてるんです」


たぶんみんな疲れてます(泣)
だからってあからさまに不機嫌な態度取らないでほしいんです(泣)

⑪「そうしろって言わなかったじゃないですか!」


多少は自分で考えて判断してもらいたいんだけどな~。
言われた通りのことしかできないのは「仕事」と言いません。単なる「作業」です。
ちなみにケンカ腰に襟を掴みかかってもいけません!

⑫「なんで僕(私)昇給しないんですか?」


なんででしょうね?(笑)
この発言を言っちゃうところに原因があるような気がします(泣)

まとめ

人間関係は自分も非常に悩んだ時期もありますし、もちろん今だって悩むときあります。
上述した内容は一部ですしあくまで一例ですが、あながち間違ってはいないはずなので覚えておくといいかもしれませんね!

産業作業療法士は語りたい!

職場で働きやすいかどうかって、ほとんどが人間関係によるもので、
その大半が上司との関係によるものだって聞いたことあります!
お互いが「歩み寄る」ってことも重要だけど、
それを相手に求める前に、自分が先に歩み寄る…ってことは必要かもしれないね!

参考記事:5 Things You Should Never Say To Your Boss
28 Things You Should Never Say To Your Boss

働き方をリハビリする産業作業療法研究会の公式サイトはこちら

Sponsored Link
 

関連記事

  1. 働き方の多様化ってやつは、障害者にとってもメリットが多いんじゃな…
  2. 産業保健師について(資格や業務内容)を調べてみました!
  3. 作業療法士が中途障害者の職場復帰、復職に関してできる事を考えた
  4. ワークアズライフ(by落合陽一)という働き方こそ、これからに必要…
  5. 脳卒中後の職業復帰に結びつくクライテリア(尺度・基準)って結局な…
  6. 産業カウンセラー(資格や業務内容)について調べてみました!
  7. 最近、“ワークライフバランス”の意味を間違って使ってないですかね…
  8. 働くことを支援する作業療法「産業作業療法研究会」ってやつを立ち上…

おすすめ記事

作業療法でのアクティビティの種類と目的について 就労支援における、情報収集と環境評価・調整の方法について! 作業療法士による職業リハ、復職支援の現状と課題 両立支援コーディネーターが必要な理由と求められる能力とは? 改訂水飲みテスト(MWST)の目的と方法、判定基準やカットオフ値について
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP