HDS-Rのカットオフ値、注意点や解釈などについてまとめてみました!

HDS-Rは認知症のスクリーニング検査として非常に有名ですし幅広く使用されている方法といえます。
ただその方法は曖昧のままであったり、解釈やカットオフ値がいくつかよくわかっていない…なんてこと、ありませんか?
今回はHDS-Rの検査方法から実施の際の注意点、カットオフや解釈、捉え方についてもまとめてみました!

Sponsored Link

HDS-R(改訂長谷川式簡易知能評価スケール)について


1974年に精神科医の“長谷川和夫”氏によって作成された“長谷川式簡易知能評価スケール”は,主に認知症のスクリーニング方法として幅広く臨床の領域で使用されてきていました。
その後質問項目と採点基準等の見直しが行われ,1991 年に改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)として改訂されて今に至ります。

ちなみに俳優の“渡辺謙”主演のヒット映画『明日の記憶』でもHDS-Rを使うシーンがあるんだよ!
おお!名作!!

使用目的と特徴



前述したようにHDS-Rは一般の高齢者から認知症高齢者をスクリーニングすることを目的に作成された検査です。
その検査でも、『記憶』を中心とした高齢者の大まかな認知機能障害の有無をとらえることを目的としているのが特徴です。
質問項目は9問と少なめにできているので、本人の生年月日さえ確認できれ通常は5~10分程度で簡単に施行することができます。

適応外の例



簡単、短時間に認知症のスクリーニングを行えるHDS-Rですが、その検査項目は検者による口頭質問で構成されていので“言語性知能検査”の枠組みになります。
つまり失語症や難聴などコミュニケーションを図る上での障害がある場合は検査が困難となり、場合によっては適応外として扱われます。
対策としては“観察式”の認知症検査…FASTやOLD、CDRなどを使用する必要があります。

検査内容と質問の仕方

それでは以下にHDS-Rの検査内容や質問の仕方についてまとめてみます!

Q1.年齢

「お歳はおいくつですか?」と質問し,満年齢が正確にいえれば1点となります。
2歳までの誤差は正答とみなします。

Q2.日時の見当識

年・月・日・曜日についての質問です。
ちなみに「今日は何月何日ですか?何曜日ですか?今年は何年でしょう」というように順不同に尋ねても問題ないようです。
各正答に対してそれぞれ1点になります。

Q3.場所の見当識

「私たちが今いる場所はどこですか?」と質問し,被験者が今いる場所がどこなのかを答えてもらいます。
自発的に答え、正解なら2点になります。
また、病院名や施設名,住所などが答えられなくても問題はないのですが、もし正答が出てこない場合には,5秒程度待ちます。
その後、「ここは病院ですか?施設ですか?家ですか」のように問いかけ,正しく選択できれば1点になります。

Q4.言葉の記銘

「これから私が言う3つの言葉を言ってみてください。後でまた聞きますのでよく覚えておいてください」と教示します。
「桜・猫・電車」あるいは「梅・犬・自動車」のどちらかを使い一つの言葉に対して1点になります。
ちなみに「桜」「猫」「電車」を“それぞれ”言ってもらうのではなく「“桜”と…“猫”と…“電車”!」のように3つの言葉をまとめて言う…が正しい教示の仕方です。

Q5.計算問題

「100引く7はいくつですか?」と計算問題の質問を行います。
答えが出たら「それからまた7を引くといくつでしょう?」と問います。
それぞれの正答で各1点になりますが、最初の計算に失敗したら打ち切り,次の設問に進むことになります。

ちなみに「93ひく7は?」とは言ってはNGです。
あくまで「100引く7」の答えを覚えているうえでさらに7を引く…という記憶の保持、ワーキングメモリーの能力が要求されます。

Q6.数字の逆唱

「これから言う数字を逆から言ってください」と教示します。
「6-8-2」
「3-5-2-9」
の2つの数列を逆から言う、という問題ですが、最初の逆唱に失敗したら打ち切り,次の設問に進みます。
正答に対して各1点になります。

Q7.言葉の遅延再生

「先ほど覚えてもらった言葉をもう一度言ってください」と教示します。
自発的に答えられた場合は2点。出てこなかった言葉に対して,それぞれ別々にヒントを与え(植物、動物、乗り物),ヒントによって答えられた場合はそれぞれ1点になります。

Q8.物品記銘

「これから5つの品物をお見せします.それを隠しますから,ここに何があったかをいってください.順番はどうでもかまいません」と教示します。
物品は相互に無関係なものを名前をいいながら一つずつ並べます。
各正答に対してそれぞれ1点として扱います。

Q9.言葉の流暢性

「知っている野菜の名前をできるだけたくさんいってください」と教示します。
5個までは採点せず、6個以上に1点ずつを加算していく採点方法になります。
野菜の名前が重複しても問題ないですが,それは採点しません。
また、途中で言葉に詰まり,約10秒経過しても出てこないときにはそこで打ち切りになります。

ちなみに何度も同じ野菜名を繰り返し回答する場合や、「キャベツは言いましたっけ?」といった聞き返しが多い場合は、“近時記憶障害”を疑う必要があります。

判定方法とカットオフ値

HDS-Rの最高得点は30点満点であり,カットオフ値としては…

20点以下:認知症の疑い
21点以上:正常
となります。

HDS-Rはあくまでスクリーニング

「HDS-Rの点数が18点だから、その被験者は認知症だ!!!!」とすぐに判断するのではありません。
あくまでHDS-Rは,認知症のスクリーニングを目的に作成されたものですので得点による重症度分類は行わないというのが基本です。

点数をみて認知症の疑いがあるかどうかをスクリーニングするのも必要だけど、
どの項目で失点したかによって、どのような認知機能の障害を有するか目星をつけることもできるんだ!
OTの訓練プログラムにつなげられますね!

総合点以外にわかること

HDS-Rの実施によって以下のようなことがわかる場合もあります。

意識レベル、注意能力

HDS-Rを実施することで、その被験者の意識レベルや注意の持続力、集中力といった能力を評価することができます。
課題に対する注意が持続できず、すぐに周囲に気が散ってしまう…なんて被験者、いませんか??
その被験者の既往歴にも左右されますが、注意能力の低下はADLを始め様々な動作を行う上でのリスクになる場合があります。

態度

ほとんどは協力的な被験者が多いのですが、中には怒り出したり強く拒否をするような人もいらっしゃいます。
診察に向かう態度もHDS-Rを行う場合に評価することができ、そこから社会性やパーソナリティーの傾向をつかむことができます。

発動性、自発性

質問に対しての答えかたや答え始めるまで不自然に時間がかかる…なんて場合は発動性、自発性の低下を疑います。
主に前頭側頭型認知症や皮質基底核変性症、進行性核上性麻痺で認められる症状ですので、HDS-R以外の前頭葉検査(FABなど)を行う必要があるかもしれません。

依存性

HDS-Rの設問に答える際に、すぐに家族や他者を頼ろうとする…など依存傾向があるかどうかもみることができます。
アルツハイマー型の認知症に多いと言われていますが、それが元々の性格だったのか、最近のものなのかによっても異なってきますのでしっかりと見極める必要があります。

精神運動スピード

いわゆる『思考緩慢』の有無をみます。
この精神運動スピードの低下は、皮質下性認知症の特徴といわれています。
血管性認知症・パーキンソン病・進行性核上性麻痺・皮質基底核変性症などで認められる症状のようです。

保続

脳卒中による右麻痺の場合、保続の症状が出る場合があります。
いまいる場所を尋ねているのに、前の設問の答えである「年月日」をもう一度答えた…なんて場合はこの保続の症状を疑います。

注意点


HDS-Rをつくった“長谷川和夫”氏も、「このようなテストは受ける人がやる気を出して、自分の能力の最大限を発揮するということがないと、正確に評価できません」と述べています。
いかに被験者が「馬鹿にされている!」と感じず、積極的にテストに臨んでくれるように促すのも検者のテクニックといえます。
これはOTのコミュニケーション能力、臨床力がモノを言う部分ですね!
個人的にはHDS-Rを実施する前に事前に「簡単な質問をいくつか行いますが、○○さんには簡単すぎる内容もあるので“バカにしてるのか!”なんて怒らないでくださいね(ハート)」といった説明を行うと比較的スムーズに実施できます。

HDS-Rの用途について



HDS-Rによる認知症のスクリーニング検査は、最近では
・介護保険申請に使う主治医意見書に必要事項
・厚労省から発行された、訪問・通所リハビリテーション計画書
といった公式の書類作成にも記載しなければならない項目になっています。
また高齢者の自動車運転免許証の更新の際にも実施されるようになってきました。

HDS-Rは認知症の診断には使えない?



HDS-Rはあくまでスクリーニング検査です。
認知症かどうかを、「とりあえず分けてみる」という類いの検査です。

HDS-Rの点数が低いことと認知症であることはイコールではありません。
同時にHDS-Rの点数がupしたことと、認知症が改善したこともイコールではありません。

よく入院時のHDS-Rと退院前のHDS-Rの点数を比較して認知症が悪化したor改善した…という判断をするケースをみかけますが、本来のHDS-Rの目的から考えると見当違いな解釈ということですね!

まとめ

認知症のスクリーニング検査として広く使われているこのHDS-R。
作業療法士にとっても馴染みのある検査ではありますが、あくまで“スクリーニング”ということを念頭に置いておく必要があります。
HDS-Rの結果だけに捉われてしまい、もっと背景にある課題や問題点などを見過ごさないようにする必要がありますね!

作業療法士は語りたい!

もちろんHDS-Rの点数が低い人ほど、認知症の重症度が高い…という傾向があるんだけど、
これはあくまで「その傾向がある」ということなんだ!
HDS-Rだけでなく、他の検査や日常の様子といったもので
多角的に見たうえで判断しないといけないってことでしょうね!