リハビリテーション評価

ゲルストマン症候群の4徴候と責任病巣、検査や評価方法について

 

「手指失認」「左右見当識障害」「失書」「失算」の4主徴から成る症候群として知られるものに“ゲルストマン症候群”があります。
今回はこのゲルストマン症候群の4徴候や責任病巣、検査方法などについてまとめてみました!

ゲルストマン症候群とは?

ゲルストマン症候群とは、“手指失認”、“左右障害”、“失書”、“失算”を4徴候とする症候群で、アメリカの神経学者“ヨーゼフ・ゲルストマン(Josef Gerstmann)”にちなんで命名されています。

英語では?

ゲルストマン症候群は、英語では“Gerstmann syndrome”と表記されます。

ゲルストマン症候群の4徴候について

ゲルストマン症候群の4徴候は、

①失算(acalculia)
②失書
③左右失認
④手指失認
…とされています。

①失算(acalculia)

失算(acalculia)とは、暗算や筆算ができない症状を言います。

②失書(agraphia)

失書(agraphia)とは、自発的に字を書くことや書き取りができなくなる症状を言います。
文字や記号をイメージ(表象)操作が困難になります。

③左右失認(Left-Right disorientation)

左右失認(Left-Right disorientation)とは、左右がわからなくなる症状を言います。

④手指失認(Finger agnosia)

手指失認(Finger agnosia)とは、指定された自分の指をはっきりと示せなくなる症状を言います。
手指失認も身体失認の一種として扱われますが、身体失認は主に頭頂葉(または頭頂-後頭移行部)病変により生じるとされています。
左半球の頭頂葉病巣の場合には、両側性の身体失認が出現し、右半球頭頂葉病巣の場合には左のみの一側性の身体失認が生じるのが特徴です。
つまり、後述しますがゲルストマン症候群の責任病巣は左半球頭頂葉のため、手指失認は両側にみられますが、左側の一側性の身体失認は左半側空間無視や病態失認との関連が深いと考えられます。

ゲルストマン症候群では③手指失認が最も重要視されていて、④左右失認がこれに次いでいるようです!

ゲルストマン症候群の診断について

責任病巣について

画像:MRCP revision

ゲルストマン症候群の責任病巣は“左半球頭頂葉”、“後頭葉”などですが議論があるようです。
特に頭頂葉と側頭葉の境界近くにある“角回(Angular gyrus)”と“縁上回(Supramarginal gyrus)”が強く関わっているとされています。

MRIや脳画像について


引用:Toe agnosia in Gerstmann syndrome

ゲルストマン症候群の主な責任病巣である“角回”や“”縁上回”をMRIやCT画像上同定できればすぐにみつけることができます。

評価・検査方法について

ではこのゲルストマン症候群に対しての評価や検査方法はどのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、以下の3つの評価、検査方法で説明します。

a)種村によるゲルストマン症候群関連症状検査
b)身体描画検査
c)コース立方体組み合わせテスト

a)種村によるゲルストマン症候群関連症状検査

1997年に種村留美らによって発表されたゲルストマン症候群の症状検査になります。

①手指の定位「いま触っている指は?」
②手指の肢位模倣
③手指認知「私が言った指はどれ?」
④左右判別テスト(Atyesの左右弁別)
⑤身体部位認知
⑥空間概念
⑦計算
⑧書字
…らの下位検査によって構成されています。

②身体描画検査

被験者に自画像を描いてもらい、身体部位失認について評価する方法になります。
前述したように、左半側空間無視による身体部位失認の場合は、左側一側の身体のゆがみや省略が確認できる描写になりますが、
ゲルストマン症候群の場合は両側性にゆがみや省略がみられます。

③コース立方体組み合わせテスト

コース立方体組み合わせテストは、4面それぞれに異なる配色がなされた立方体ブロック4~16個を用いて、見本に示される模様と同じように組み合わせる検査です。
本来の検査目的としては、“知能(IQ)の測定”、“構成力の検査”、“MCI(軽度認知機能障害)のスクリーニング検査”としてですが、ゲルストマン症候群における評価、検査の場合は、
“構成力の検査”としての目的になります。
これも、左半側空間無視の場合は左側の構成が障害されますが、ゲルストマン症候群の責任病巣である“左半球頭頂葉”では左半分…というよりは構成そのものが困難となります。

関連記事:コース立方体検査の方法と注意点、カットオフ値について

ゲルストマン症候群に関するよくある質問

Q.手指失認の症状はクライアント自身の手指に限ってみられるかどうか?

ゲルストマン症候群における手指失認の症状は、身体部位失認のひとつであり、これは全身の身体図式の認知障害になります。
つまり、指定された指を示すことができない…という症状は、被験者であるクライアント自身の手指はもちろん、他者の指定された手指を示すこともできなくなります。
また、これは両側においてみられます。

まとめ

純粋なゲルストマン症候群の症例は少ないとはいいますが、やはりこの4徴候は生活を送る上では大きな障害となってしまいます。
しっかりと評価をして、作業療法プログラムに反映する必要があるでしょうね!

作業療法士は語りたい!

純粋に4徴候がはっきりと症状化しているゲルストマン症候群って少ないんだけど、
不全型とされる症例はけっこう報告があるんだよね!
ゲルストマン症候群の症状や発生機序、評価や検査をしっかりと把握していないといけませんね!
 

おすすめ記事

就労支援や復職支援といった職業リハビリに関する資格をまとめてみました! 初期認知症診断にも!かなひろいテストの方法と解釈、カットオフ値について! 感情を定量化!エモリーダーが未来の臨床を変えるかもしれない! 作業療法士がセミナーやワークショップを就労支援プログラム化する有用性について! 編み物や手芸を作業療法で行うことで得られる治療効果について

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP