うつ症状のスクリーニング検査『GDS』の方法とカットオフについて!

高齢者のうつについては、認知症と同様に大きな問題となっています。
そして鬱状態かどうかの評価や検査方法については様々なものがありますが、今回は広く使用されている代表的なうつの検査方法『GDS(Geriatric Depression Scale)』について、その方法や評価基準、カットオフ値についてまとめてみました!

Sponsored Link

Geriatric Depression Scale (GDS)について

老年期うつ病評価尺度(Geriatric Depression Scale:GDS)はうつ症状のスクリーニング検査ですが、主に高齢者を対象としています。
元々は30の質問から構成されていましたが、その質問数だと非常に時間がかかり被験者に対しての負担が大きい…というデメリットがありました。

今回はこのGDSを15の質問に短縮した「Geriatric depression scale 15(GDS15)」について触れています。
もちろん質問数が減ったからといっても信憑性の変化はなく、非常に信頼できる検査方法になっています。

目的

GDS15の目的としては、前述したように「うつ症状のスクリーニング」の検査として使用されます。

方法

GDS15の検査方法、質問内容としては以下の通りになります。

過去1週間の気分に最も近い答え(はいorいいえ)を選んでください。

No. 質問事項 0点 1点
1 毎日の生活に満足していますか? はい いいえ
2 毎日の活動力や周囲に対する興味が低下したと思いますか? いいえ はい
3 生活が空虚だと思いますか ? いいえ はい
4 毎日が退屈だと思うことが多いですか? いいえ はい
5 大抵は機嫌良く過ごすことが多いですか? はい いいえ
6 将来の漠然とした不安に駆られることが多いですか? いいえ はい
7 多くの場合は自分が幸福だと思いますか? はい いいえ
8 何か悪いことが起こりそうだと心配していますか? いいえ はい
9 外出したり何か新しいことをするよりも家にいたいと思いますか? いいえ はい
10 なによりもまず、物忘れが気になりますか? いいえ はい
11 いま生きていることは素晴らしいと思いますか? はい いいえ
12 生きていても仕方がないと思う気持ちになることがありますか? いいえ はい
13 自分が活気にあふれていると思いますか? はい いいえ
14 希望がないと思うことがありますか ? いいえ はい
15 周りの人があなたより幸せそうに見えますか? いいえ はい

方法としては上記の15の質問項目口頭で質問します。
その際、被験者の表情や回答の仕方など気付いた点もチェックしておく必要があります。

GDS15のメリット

GHS15のメリットとしては、簡単に行うことができ、特に専門知識もいらないため場所や検査をする人が限定的ではなく“だれでも、どこでも行える”という点がメリットとしてあげられます。

GDS15のデメリット

GDS15の検査を実施するにあたっての最大のデメリットは「被験者に不快感を与える可能性がある」という点になります。
質問内容がどうしても被験者の心理状態を答えることになるため、事前に検査の目的や理由についてしっかりと説明しておく必要があります。
また、なによりもその被験者との良好な関係性が構築しているのが前提…という意見もあります。

GDS15の評価基準・カットオフ値について

GDS15の検査結果の点数における評価基準、カットオフ値については以下の通りになります。

点数 判断
0~4 うつ症状なし
5~10 軽度のうつ状態
10~15 重度のうつ状態

GDS15の注意点

GDS15はその質問数と短時間でできることからも実施しやすい検査といえますが、口頭での質問と回答を要するため失語症や重度の認知症がある被験者に対しては実施困難な場合があります。
また前述した『GDS15のデメリット』でも触れたように、被験者の心理状態に触れるため慎重に検査を実施する必要があります。
加えて、GDS15はあくまでも“スクリーニング検査”として扱われるため、GDS15のみで判別するよりは他の評価や検査を合わせて総合的に判断する必要があります。

GDSによってうつか認知症か区別できる?

「無気力」という症状は、老年期うつ病だけではなく認知症の周辺症状としてもみられるものです。
実際、老年期うつ病と認知症の症状は似ているため、判別が難しい…とも言われています。
判別の間違いを避けるためにも、GDSとHDS-RやMMSEの結果を合わせて判別する必要があります。

まとめ

高齢者のうつ症状はQOLだけでなくADLといった日常生活動作の障害にまで発展してしまう課題です。
GDSの検査を使用し、うつ症状の有無を判別することで包括的な対応が作業療法士にとっては必要といえます。

作業療法士は語りたい!

高齢者はどうしても「喪失体験」が多いことから、
ちょっとしたきっかけで“うつ”を発症してしまうことが多いんだ。
認知症との判別が難しい…という点も課題ですよね。
認知症かと思って接していたら、うつだった…なんてことになりかねないし…。
だからこそ一つの評価や検査結果に依存せず、
複数の評価・検査による多角的な視点がOTにとっては必要なんだよね!