アクティビティ

脳卒中の患者に毎日好きな音楽を聴かせたら、脳に変化が起きた!…という話。

 

音楽自体“音楽療法”としてのツールだけでなく、脳卒中のリハビリテーションに対しても非常に効果があるといわれています。
今回は脳卒中のリハビリテーションに“音楽”が効果的だということについて!

毎日音楽を聴くことによって脳に構造的変化がもたらされる


この研究は2008年2月にヘルシンキ大学の研究チームにより発表されたものです。

音楽は前頭葉、頭頂葉、小脳、および、聴覚、認知、感情に関与する大脳皮質下の領域に非常に刺激を与えることができます。
また定期的な音楽活動によって、効率的に多くの脳領域の構造および機能を増強することが示されています。
そこでどのように構造的な変化が起こるのかを調査したようです。

方法

急性期の脳卒中患者49人(左脳損傷24人、右脳損傷25人)を

*好きな音楽(ポップ、ジャズ、クラシックなど)
*自分で選んだオーディオブック
*なにも薦めない
の3グループに分けて、それぞれ毎日1時間以上聴くように薦め、日記をつけさせて聴いた頻度を確認する…という内容!
もちろんすべてのグループに通常のリハビリテーションは行いました!

結果

その結果として…

・6ヶ月間ですべてのグループで灰白質体積の著しい増加箇所が認められた。
・体積増加箇所は側頭葉、前頭葉、辺縁系、小脳に局在していた。
・特に、音楽グループの健常側で体積増加が著しかった。
・他の2グループに比べ灰白質の体積が著しく増加した箇所を抽出したところ、左脳損傷患者の音楽刺激グループでのみ前頭葉に3箇所、辺縁系で2箇所見つかった。
・右脳損傷患者では音楽グループの左の島皮質にのみ灰白質増加箇所が見られた。
・体積増加箇所と行動検査結果との関連を解析したところ、左脳損傷患者の前頭葉の体積増加箇所は記憶、言語、スキル、注意力の改善に関連し、辺縁系のそれは鬱、緊張、疲労、イライラ感の減少と関連があった。
・一方右脳損傷患者の島皮質の体積増加箇所は言語スキルの改善と関連があった。
・白質体積の明らかな変化はなかった。
神経細胞の細胞体がある部位である“灰白質”の体積が増加するということは…?
新たな神経ネットワークの形成ができあがっているってことですよね!

考察

灰白質とは、中枢神経系の神経組織のうち、神経細胞の細胞体が存在している部位です。
簡単に言うと『神経細胞の集まり』になりますね。
灰白質が減った状態とは情報を出す神経細胞が減っているといことになるので、様々な情報を処理する能力は落ちていきます。
これはもちろん運動機能だけでなく、認知機能、精神面にも影響を与えるといえます。

余談ですが、うつ病の方はこの脳の灰白質が委縮していることもわかっています。
考え方が凝り固まっていたり、融通が利かなかったり、気持ちの切り替えができなかったりする状態って、脳の処理スピードが落ちている状態とも考えられます。
そういった意味でも、好きな音楽を聴くこと=脳の活性化につながるといえます!

まとめ

この研究の著者は、『ほとんどの脳卒中患者は1日の7割以上の時間を、治療を受けるわけでもなく、室内で刺激のない状態で過ごしています。脳の可塑性の観点から見ると、この時間はもったいない。この空いた時間に、特に脳卒中の早期に音楽を聴かせることは、他のリハビリの邪魔にもならず、費用の面からも簡単に実行することができて、認知機能の改善や感情の落ち込みを防ぐことができるのですから、是非やってみる価値があると思います。』
とも述べています。

たしかに大きなリスクがあるわけでもないので作業療法の臨床や現場でも導入しやすい方法といえます。
すぐにでも実行してみる価値はあるかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

“灰白質の体積増加”という点にフォーカスを当てると、
それが中枢でも認知症でも、精神疾患を対象とした医学的リハビリテーションの介入の目的として扱うことができますね!
それが音楽鑑賞のようなリスクが少なく、導入しやすい方法だと“自主訓練”として扱うこともできるからね!
作業療法士は日常にあふれる様々な“作業”や“活動”が脳科学としてもどのような効果をもたらすのか?を知っておく必要がありますね!

参考記事

患者に毎日好きな音楽を聴かせたところ、脳に構造改革が起きた模様
音楽療法と脳卒中リハビリ
Structural changes induced by daily music listening in the recovering brain after middle cerebral artery stroke: a voxel-based morphometry study.

 

関連記事

  1. “釣り”をもっと作業療法に応用できないかと思い、ジャパンフィッシ…
  2. 作業療法士は音楽療法をもっと学ぶと強みになるのかもしれない!
  3. 「ワンカップ大関の線香」と「お墓参り」はリハビリテーションとして…
  4. レコード再ブームに至った理由は、音楽鑑賞のアクティビティ化にある…
  5. 陶芸の治療効果と作業療法としての有用性について
  6. 木工を作業療法で行う目的と治療効果について
  7. 作業療法プログラムに“農業”を選択することでのメリット・デメリッ…
  8. 塗り絵は片麻痺のリハビリ治療効果も期待できる?イラストレーター“…

おすすめ記事

SDH(健康の社会的決定要因)の視点が今後のリハビリテーションにとって重要だと思うんです。 脳卒中発症後の復職の現状と特徴について備忘録的にまとめてみた。 神経難病のコミュニケーションとAACの3段階のテクニックについて ドラムやパーカッション演奏で免疫力アップを図る“リズムセラピー”がすごい! ITとICT、IoTの違いについて調べてたら、作業療法士の知識に必要ってことに落ち着いた件。
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP