労働における疲労に関する各要因と評価方法についてまとめてみました。

働くことにおいての疲労度の問題は、今後の働き方を考える上で大きな項目の一つになります。
しかし単純に「疲労」といっても、その要因は様々ですし、評価するにも難しい場合が多いようです。
今回はこの労働と疲労、そして評価方法についてまとめてみました!

Sponsored Link

労働と疲労について



障害を持つ人への就労支援や働きにくさへのリハビリを考える際、クライアントの精神的、身体的能力を評価することはもちろん必要ですが、その労働によってもたらされる疲労と疲労回復についての視点をもつことは、支援する側の作業療法士として非常に重要なことと言えます。
以下にその疲労に関する各要因についてまとめてみました。

A.職務関係

①職務の強度性
②職務の責任度
③労働速度
④職務の危険度
⑤職業不安定度
⑥労働条件
⑦労働時間
⑧休憩時間
⑨労働市営
⑩人間関係(対人接触度)
⑪職務経験度
⑫勤務時間
⑬食事休憩時間
⑭人間-機械システム度合
⑮職務の判断次元

B.家庭状況

①人間関係の不調度
②経済的不安度
③生活の不規則度
④生活時間構造の健全度
⑤生活休養度
⑥余暇度
⑦家事労働度

C.自己状況

①職務の適正度
②身体的要因
③精神的要因
④性格的要因
⑤疲労体質
⑥生活リズム
⑦栄養摂取量

D.通勤状況

①混雑度
②通勤時間(全体)
③通勤時間(徒歩)
④乗り換え度
⑤通勤の他の要因

E.労働環境

①温湿度
②照明度
③騒音度
④色彩調節度
⑤振動度
⑥塵埃度
⑦空気流通度
⑧大気汚染度
⑨有毒度

疲労度は評価できる?

さて、問題はこれらの疲労度の要因をどう評価するかになります。
“A-7:労働時間”や、“D-2:通勤時間”などは単純に数値化できるので問題ありませんが、“B-1:人間関係の不調度”や“C-4:性格的要因”といった定性的な項目は人によって様々ですので非常に数値化しにくく、評価としての値を算出しにくい項目と言えます。
定性的な評価を行う際にはKPI分析(Key Performance Indicator)による方法が代表としてあげられますので、これら各疲労度項目それぞれにKPI分析による評価方法を当てはめることである程度の精度の評価ツールとして利用できるのかもしれません(あくまで仮説ですが)。

疲労度を評価するスマホアプリ“FHM Lite”について


疲労度を簡易的にでも評価するツールはないものかと思い探してみたら、「FHM Lite」というスマホ無料アプリがありました!

これは“フリッカー値”という疲労度を測るための一つの指標を使用しているのですが、このフリッカー値とは、

光が高速で点滅している状態だと人間にはそれが点滅していると認識出来ないが、その点滅の速度(周波数)を落としていくと、ある時点で光が点滅している事が認識出来る(ちらついて見える)閾値が存在する。この閾値をフリッカー値と言い、疲労が蓄積しているほど「ちらつき」を認識できる周波数帯域が低くなる傾向が分かっており、人間の疲労度を客観的に測る指標として有効なものであると考えられている。
引用:過労による大事故を防ぐベンチャー「フリッカーヘルスマネジメント株式会社」

とあります。

実際筆者もダウンロードして使用してみたのですが、現在の疲労度についてのVASとフリッカーテストを組み合わせたアプリになっていました!
検査時間も1,2分程度ですので自分の疲労度を簡易的にでも客観視できるので便利なツールと言えます!

まとめ

就労における疲労度を考えることは、定着率や離職、過労などの働くこと関連の課題解決につながる非常に重要な項目と言えます。
ましてやこの疲労度について自覚的な認識ができるならまだよいものの、疲労の蓄積への無自覚、表現のしにくさが加わった場合は大きな事故にもつながる場合があります。
疲労度を客観視するためにも、分析的な評価方法を考える必要があるかもしれませんね!

産業作業療法士は語りたい!

就労支援だけでなく、産業分野においてもこの疲労について考えることは重要なことだと思うんだ。
過労死問題はいまだに根強く残っていますからね。
ましてや鬱といった症状が発症しちゃうと、なおさら疲労度の無自覚と、他者への援助を求める事ができなくなるから、
従業員の管理責任を担うポジションの人が疲労度の評価でマネジメント的に使用する流れも必要かもしれないね!
働き方をリハビリする産業作業療法研究会の公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする