就労支援は障害者にとって「最終」目標なのでしょうか?

リハビリの最終目標ってどこに位置するのでしょうか?
ここ最近、就労支援について勉強しているとふとそんなことを考えたりします。
就労支援…仕事に就くことが、障害を有する人、リハビリの最終目標なのでしょうか?

Sponsored Link

就労支援は「最終」目標?



作業療法士として多少なりとも障害を持つ人の就労支援に関わっていると、どうしても本人も支援する側も就労支援が「最終目標」として扱ってしまう傾向にあります。
特に病院勤務の作業療法士にとっては、日常生活動作(ADL)の自立もままならない状態からそのクライアントに関わっていることが多いため、「仕事に就く(再開する)」というイベントは非常に大きなものであり、就労が究極のゴールのような非現実的な扱いになってしまうことも無理はありません。

就労支援は職業生活のスタート地点にしかすぎない



就労支援って決して「障害を有する人が、仕事に就くための支援」だけではないと思います。
むしろ仕事に就くという一時的なものではなく、「就労し続ける=“職業生活”を送り続ける」支援にならないといけないと思います。
ただ、作業療法士による職業リハ、復職支援の現状と課題でも触れたように、そのためには様々な障壁と課題があるのですが、クライアントが仕事に付き、定着し、それを継続し続けるための支援、“息の長い支援”を続ける必要があると思います。

就労はAPDL・IADLと同義?



就労支援は“職業生活”の支援と言えますし、この職業生活も日常生活や地域生活と同じ、生活場面そのものと言えます。
APDLとIADLの違いを考えてたら、ICFの概念に落ち着いたって話。で、APDL・IADLは「ADL+役割」という解釈の提案をしていますが、この考えから言えば職業生活においてもその人に「役割」を付帯させるものですから、APDL・IADLの範疇と言えます。
作業療法士にとってAPDL・IADLに関する支援がナチュラルなものなら、就労支援・職業生活支援だって特別なものではなくナチュラルなものであるはずなんです!

就労支援後に考えるべき3つの要素

では作業療法士による就労支援が障害を有する人の最終目標ではなく、“息の長い支援”にするためにはどのような視点・要素が必要になるのでしょうか?
結論から言えば次の3つになるのかな、、、と考えています。

①職業生活を継続し続けるための支援
②キャリアアップのための支援
③経験を伝えるための支援

以下、それぞれ詳しく説明します!

①職業生活を継続し続けるための支援

まずなによりクライアントの職業生活を長く継続できるようにするための支援が必要です。
それは疾患や障害へのフォローアップ、増悪予防のための課題抽出と対策、本人だけでなく職場環境の調整やコンサルテーションといった範囲まで幅広いものでなければなりません。
ただクライアントがOTの支援ありきで職業生活を送ることは、「自立」とは相反するものになってしまうため、その“支援の濃度”は徐々に薄くしていく必要もあると思います。
あくまで支援を“100”でも“0”でもなく、「何かあったときはOTに相談できるから、安心して職業生活を送ることができる」という安心感を与えられる程度の位置にいることが理想なのかな、と思っています。

②キャリアアップのための支援

基本的に職業生活…働くことに対して「安定」というのはこのご時世皆無なのだと思います。
景気が極端に上向きになることも少ないでしょうし、それを維持していくこともまれだと思います。
加えて自身の高齢化、家族の高齢化によってライフスタイルの様々な変化が伴っていきます。
障害を有しながらも働くことができている…でもその状態が永続的に続くけることができるかどうかは非常に不確定なものだと思います。
就労できたから安心ではなく、「どんな状態になっても食べていけるような備え」は必要です。
そのためのキャリアアップ(決して昇進という意味ではありません)は常に意識していないといけないと思います。

まあ、働くことへの危機感については、障害の有無に関わらず支援する側である作業療法士自身にだって当てはまることなんですけどね(苦笑)

③経験を伝えるための支援

職業生活を送ることで得られる経験って非常に千差万別だと思います。
でもその千差万別の経験の根本にある「問題点」や「課題」、「考え方」といったもの(原理原則とでも言いましょうか)はどの人にとっても共通しているものだったりします。
この経験って実は非常に他人にとっては有益な財産だったりすることが多いんです。
自分では当たり前で意識しても気づかないようなことが、悩んでいる人、苦しんでいる人にとって非常に有益なものになるってこと、筆者の経験則でも多くありました。
障害を有しながらでの職業生活だと、健常者が“当たり前”で気づきにくいような視点を多く持っていることがあります。
言い方を変えれば、健常者から支援されていた障害者が、逆に健常者を支援することができる、と思います。
この流れをスムーズにするためにも、OTの多角的、総合的な知識と技術が役立つと思うんです。

働くこと=価値提供



役割を持つということは、その範囲が家庭内でも広い社会の中においても「誰かに自分の価値を提供すること」と考えられます。
これはもちろん職業生活においても同義です。
その価値って多くの人が知っていること、持っていること、できることではあまりありがたがられないんですよね(苦笑)。
その人だからできること、その人にしかできないことから“抽出”されたものが、多くの人にとって価値があるものになるのかなと。
障害を持つ人はもちろん、最終的には健常者も含めたこの価値の“発掘”、“抽出”、“伝達”に作業療法士が関われたら…面白いのかなーなんて思ってます。

関連記事:働くことの意味を産業作業療法士の視点で考えてみました。

まとめ

就労支援には障害を有する人、またリハビリにおいての最終目標なのかどうかとは、前述したようにあくまで「職業生活のスタートに立つための支援」でしかありません。
もっと長いスパンでの支援ができるようにするためには、システムや教育、組織といったものが必要になってくると思います。
作業療法においての職業リハが変わるためには、根本から変えていく必要があるのかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

作業療法士は生活の支援を行う療法士(セラピスト)というなら、
職業生活を支援するということも範疇に含まれますよね!
障害を有する人の就労、復職、職業生活支援をすることで、
障害を有しない人、、、健常者の職業生活支援にもつながると思うんだよね!
最近よく言われている「働き方」にコンサルテーションする時代がくるかもしれませんね!
その活動の一つが産業作業療法研究会が位置するところなんだけどね!