自動車運転

高齢者の自動車運転における認知機能検査って何をするのか調べてみた!

 

運転免許証の更新期間が満了する日の年齢が75歳以上の高齢者のドライバーには、“講習予備検査(認知機能検査)”が行われます。
この検査によって自動車運転をし続けても問題ないかどうかが判断されますが、その検査内容はどのようなものになるのか調べてみました!

講習予備検査(認知機能検査)とは

この認知機能検査は運転免許センター(公安委員会)か委託された教習所等で受けることができます!
ただ、あくまで高齢運転者の方に自身の認知機能の状況を自覚してもらうための簡易的な検査であり、安全運転を継続することができるように支援する目的で行われる検査ですので、認知症の診断を行うものではない、ということは理解していないといけません。

検査手数料は¥650で、検査自体は約30分程度で終わるようです!

講習予備検査(認知機能検査)の検査内容について

講習予備検査(認知機能検査)検査内容としては、

①検査の準備
②時間の見当識
③手がかり再生
④時計描写
という流れになります。

①検査の準備

実際の検査が始まる前に、以下の説明や準備の説明があります。

・補聴器・眼鏡の着用
・携帯(マナーモード)や時計をしまう
・検査の必要性・諸注意・所要時間・通知方法などについての説明

その後、検査用紙の表紙への名前や生年月日等の記入の指示があるので、記入します。

②時間の見当識

“時間の見当識”の検査では、検査当日の年月日、曜日、時間を回答し解答用紙に記載します。

手がかり再生

この手がかり再生の検査では、提示されたイラストを記憶し、採点には関係しない介入課題を行った後、記憶しているイラストをヒントなしに回答します。
その後、さらにヒントをもとに回答します。

課題イラスト


*1度に4つのイラストが描かれたボードを提示し、それを4回繰り返します。

介入課題

4つのイラストが描かれたボード提示が終わった後、介入問題として数字に斜線を引いていく課題を行ってもらいます。
上記の検査用紙のように2回指示があります。

解答(ヒントなし)

まず提示されたイラストをヒントなしで思い出して解答します。
特に回答する順番は問わないようです。

解答(ヒントあり)

その後、解答用紙に記載されているヒントをもとに記入していきます。

時計描写

白紙の解答用紙に「11時10分」、「1時45分」、「8時20分」、「2時45分」のいずれかの時計の絵を描きます。

結果は3段階

認知症高齢者の方の自動車運転免許証の更新と高齢者講習の流れについて!でも触れたように、講習予備検査(認知機能検査)の検査結果によって以下の3つに分類されます。

・第1分類・・・記憶力・判断力が低くなっている方(認知症のおそれがある方)
・第2分類・・・記憶力・判断力が少し低くなっている方(認知機能が低下しているおそれがある方)
・第3分類・・・記憶力・判断力に心配ない方(認知機能が低下しているおそれがない方)

検査結果が第1分類ですと、医師による適性検査を受ける義務が発生します。

まとめ

あくまで認知症の診断ではなく、スクリーニング的に行う検査ですが、その内容はHDS-R、MMSEやCDTなどを基につくられているようです。
自動車運転支援に関わる作業療法士も、この講習予備検査(認知機能検査)でどのような課題が提示されているかを知ることも必要になってくるのかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

今回紹介した検査以外にもTMTなんかは自動車運転適性検査として自宅でも行いやすい有用な検査といえるだろうね!
75歳以上の免許更新という段階だけでなく、日常の中で観察や簡易的な検査をする習慣をつけておくってのも、早期発見につながるだろうからね。
事故を起こしてからじゃ遅いですからね。
 

関連記事

  1. 運転免許の拒否、取り消しになる症状についてまとめてみた!
  2. 認知症高齢者による自動車運転事故の事例をパターン別にまとめてみた…
  3. 自動車運転適性検査における必要な神経心理学的検査をまとめてみた!…
  4. 脳卒中の自動車運転再開までの流れをまとめてみた!
  5. 運転免許センターにおける運転適性相談の対象と方法についてまとめて…
  6. 認知症高齢者の方の自動車運転免許証の更新と高齢者講習の流れについ…
  7. 自動車運転リハビリテーションの取り組みは、やっぱりアメリカがすご…
  8. 自動車運転支援において作業療法士ができる3つのこと!

おすすめ記事

年々増加傾向?就労継続支援A型の特徴や対象、平均工賃についてまとめてみた。 就労支援における、情報収集と環境評価・調整の方法について! 包括的作業分析の特徴と注意点について! 自分の仕事がうまくいかない時にしてはいけない7つのこと AMPSの講習会を終えて、個人的に思った5つの事について!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP