職業・産業リハ

働き方の多様化ってやつは、障害者にとってもメリットが多いんじゃないでしょうか?

 

最近はブラック企業やサービス残業問題などによって「働き方」というものに非常に関心が高くなっていると思われます。
また厚生労働省による政策としての「働き方改革」として取り組む流れをみると、今後ますます働き方は多様化していくと考えられます。
実はこの流れ、障害者が働くことにとってもメリットが多いと言われているんです!!

Sponsored Link

職業活動の個別性とICFについて



そもそも職業活動はその地域(国)や文化背景によって大きく異なってきます。
発展途上国では水や物を運ぶのに頭の上に乗せる事、動物を使って運搬することが必要不可欠な活動ですが、日本での生活、職業生活ではほとんど必要ありません。
国際障害分類(ICF)は世界的に使用されている障害分類のため、これらの活動は「頭の上に乗せて運ぶ(d430)」や「動物の力による交通手段の操作(d4752)」と分類されており、その国、文化的背景の多様化を前提として作られています。
職業活動の違いや個別性についてICFではその多様性が前提として設けられていることから、多様化する働き方をベースとした障害者の働き方を考える際にも非常に有益なフレームワークとして活用できると考えられます。

職種や就業要件の多様性について



つまりICFの観点から考えても、働き方が多様化しそれがますます一般化していく世の中の流れは障害を有する人にとっても今まで以上に「働きやすい」社会になるのではないか?…と考えられます。
職業生活の大きな特徴として、“職種や働き方によって必要とされる活動内容が異なり、それによって障害の影響も大きく異なる”という点があげられます。
ホワイトカラーとブルーカラーでは構成される活動内容も大きく異なりますし、勤務形態(通常勤務or在宅勤務)でも必要とされる能力には大きな違いがあります。
この多様化は選択肢の幅が広くなったと捉えることができますし、様々な制限を有する“障害者”の人にとってはより自分に合った働き方をナチュラルに選ぶことができる社会になりつつある…と考えられます。

ダイバーシティマネジメントについて



そこでその障害を有する人の働き方を支援する作業療法士にとって必要な能力の一つに「ダイバーシティマネジメント」があげられます。

この「ダイバーシティ(Diversity)」とは、「多様性」と訳されるのが一般的ですが、実は「Diversity&Inclusion」を省略したものになります。
Diversity(多様性)をInclusion(包含・組み入れ)するということで「多様性の受容」と意味されることになります。
ダイバーシティマネジメントはその違いを受け入れ、認め、さらに生かしていくことにあります。

この“違い”は社会において様々です。
性別や年齢、人種や国、宗教から価値観といったものまで非常に多岐にわたります。
もちろん障害の有無も含まれます。
この違いをネガティブなものとして捉えるのではなく、“違いを活かす”という発想で各自の個性、能力をどのように発揮していくかをマネジメントしていく…これがダイバーシティマネジメントといわれています。

詩人である“金子 みすゞ”の「みんな違ってみんないい」ってやつがまさにダイバーシティマネジメントに当てはまるといえますかね?

まとめ

働くこと=企業に雇用され朝8:00~17:00までの勤務…というステレオタイプな形態に捉われず、選択肢が増えてきた現代では、その働き方における多様性が求められてきています。
でもその多様化する働き方をより有益なものにするためには、各自が持つ「強み」と「弱み」の明確化とそのマネジメントが必要です。
障害を有する人が「その人にあった働き方」を支援するためには、やはり作業療法士の知識と技術が必要になってきます。
これからの「働き方」について作業療法士が貢献できることは非常に多くなるような気がしますし、個人的には非常にポテンシャルが高い領域だと思うんですよねー!

産業作業療法士は語りたい!

この“働き方の多様化”に対応していくためには、
作業療法士自身もこの発想を根付かせないといけないと思うんだよね!
以前『次世代の作業療法士こそ『多動力』が必要になる6つの理由について』で紹介した堀江貴文氏の本を読むといいかもしれませんね!
「絶対○○でないといけない!」という発想は、作業療法士自身にとっても、もちろんクライアントにとってもポテンシャルを低下させてしまうから、
「○○しないといけない(must)」ではなく、「○○すべき(should)」くらいの柔軟さが必要なのかもしれないね!
働き方をリハビリする産業作業療法研究会の公式サイトはこちら

関連記事

  1. 就労継続支援B型の特徴や対象、平均工賃についてまとめてみた。
  2. 産業看護師について(資格や業務内容、人数や報酬)を調べてみました…
  3. 働くことを支援する作業療法「産業作業療法研究会」ってやつを立ち上…
  4. 職業準備訓練はあくまで“準備”を高める事が重要って話。
  5. ワークアズライフ(by落合陽一)という働き方こそ、これからに必要…
  6. 作業療法士が中途障害者の職場復帰、復職に関してできる事を考えた
  7. 就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型それぞれの違いに…
  8. 労働における疲労に関する各要因と評価方法についてまとめてみました…

おすすめ記事

脳卒中の復職が促進される4つの要因について 労働における疲労に関する各要因と評価方法についてまとめてみました。 Windowsの音声操作は重度身体障害者に応用できるんじゃないか?って話 塗り絵は片麻痺のリハビリ治療効果も期待できる?イラストレーター“門馬朝久”さんの事例 就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型それぞれの違いについて
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP