精神・心理学

続ける力…『継続力』がOTにとって重要なんだと思うんです。

 

作業療法士は生活を支援するセラピストです。
この生活を支援するということには、決して介入時のみの単発的な改善ではないことは周知の事実です。
その動作や行動が習慣化し、その状態を「続ける事」が重要になってきます。
今回はこの「続ける力」…『継続力』としてまとめてみました!

継続力とは?



そもそも『継続力』とはどのようなものでしょうか?
とは言っても、“物事を続けること=継続”の力という理解で間違いはないのでしょうけど(苦笑)。
一応調べてみると、

一般的に、継続する力、物事を続けるために必要とされる能力や資質といった意味で用いられる表現。根性や辛抱、無理をしないこと、少しずつ始めることなど、文脈により対象となる資質は異なる。
引用:weblio

のような説明があります。

なぜ作業療法士は“継続力”が重要なの?

ではなぜ、OTにとってこの『継続力』が重要なのでしょうか?
以下に筆者個人の考えですが、3つほどあげてみます。

①継続力と「意欲」は密接という理由から




何か物事を始めるためには、まずスタートをきるための「意欲」が必要になります。
そうすると次にはその行動を「続けるため」の「意欲」が必要になってきます。

この物事を「続けること=継続すること」には常に「意欲」を持ち続けなければなりません。
OTが扱う領域である高次脳機能障害や精神、心理領域では、特にこの「意欲」が非常に重要なテーマになってきます。
単発的にクライアントの「意欲」を向上させることができても、それが続かないと意味がありません。
高い「意欲」を維持し続けるのに、この「継続力」が必要となってきます。

②継続力は「行動変容」につながるから




何か物事を始め、継続していくように促すことは「行動変容」に繋がっていきます。
それがクライアントの自主訓練でも、食事制限でも、今までとは異なる「行動」を促し、続けるためにはやはり「継続力」というもののメカニズムを知っておく必要があります。
クライアントの生活支援を行うOTにとっては、非常に必要な概念と言えます。

③継続力を知ることは「習慣化」につながるから




前述した「行動変容」から、いかにクライアントが意識せずに“習慣的”に行動にするか…つまり「習慣化」のプロセスまで支援することもOTにとって必要になってきます。

実はこれ、病院といった医療機関で勤務するOTには特に必要なことと考えています。

病院に入院しているという特殊な環境、状況下で、いくら行動を変え、習慣化につなげたとしたとしても、
在宅に戻って環境が変わり、OTや病棟スタッフがいない状況では結局もとに戻ってしまう…なんてこと多いように感じます。

いかに入院中に変化させたクライアントの習慣を、在宅に戻ってからも継続させるか…。

病院から外に出た後の生活まで考えたうえで、作業療法としての介入を行わなければなりません。
そのためにはあらゆる行動の「継続力」という考え方が必要になってきます。

まとめ

作業療法士課題の一つで、いかにそのクライアントの行動を変えていくかというものがあります。
作業療法の介入を行うのは、その場面が病院でも施設でも、訪問といった地域でも、そのクライアントにとっては24時間のうちの「一部」にしかなりません。
この「一部」の介入時間でいかにクライアントの行動や習慣を継続的に変化させるか?が重要な要素になってきます。
そのためにはこの「継続力」という考え方が必要になってきますし、これを意識した作業療法の展開を行っていかなければなりません!

作業療法士は語りたい!

今回はあくまでクライアントに焦点を絞っての「継続力」としてまとめたけど、
OT自身にとっても継続力は必要な要素だよね!
まあ、“勉強しつづけること”はもちろん、
自分の生活の水準や健康管理といったものを継続して維持していく必要がありますからね。
“人に何かをしてあげる”のを生業にしている人は、
自分が安定し続けないといけないからねー。
 

おすすめ記事

QOLの本当の意味を考え出したら、「痛み」の軽減が最優先になったって話。
自動車運転支援において作業療法士ができる3つのこと! ワークアズライフ(by落合陽一)という働き方こそ、これからに必要なことなんです! 意思の強さは関係ない?行動するには条件設定が必要! 作業療法士が覚えておきたいコンピュータアクセシビリティ(Windows)まとめ

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP