精神・心理学

音楽療法として『作曲』をすること自体が精神疾患の治療になるという話。

 

“音楽療法”となると、音楽を聴いたり演奏したり…が一般的なイメージでしょうけど、実は“作曲”という作業活動自体が精神疾患の治療につながるという事例があります。
“作曲”をアクティビティと捉えると…、これ立派な作業療法じゃないですか!

メルボルン大学による研究



この研究はメルボルン大学の准教授であるDenise Grocke氏と、教授のSidney Bloch氏、David Castle氏によって行われました。
結論から言えば、音楽療法によって重度の精神疾患に苦しむ人々の生活の質が向上したことがわかったそうです。

プログラムの内容

今回の研究で行われたグループセッションによる音楽療法のプログラムは、すべて同じ登録音楽療法士によって行われ、各1時間のセッションで構成されていました。

プログラムの内容としては、

a)馴染みの好みの歌を歌う
b)グループのメンバーがオリジナルの曲や歌詞、メロディやリズムなどを提案し曲を作っていく
c)楽器のセッション演奏
の3つだったようです!

結果

これらの音楽療法のプログラムを行っていき、18ヵ月後に集計したアンケートによると、

・QOL(生活の質)についてのアンケートで6項目に優位な結果を示した。
・生活の質自体が向上した。
・友人からのサポートを受けるようになった。
・身体的な痛みが改善した。
・社会参加の機会が増えた。
・『他者とアイコンタクトがとれる』という“社会不安障害診断テスト”の項目の改善がみられた
といった結果が見られたようです!

参加者からの意見や感想

この音楽療法のプログラムに参加していた人の意見や感想をみると、

・この研究に関わっているということがうれしかったし、楽しかった。
・リラックスしてできた。
・自分が意欲的に作曲などの活動をグループでできた、ということが驚いた。
・自分たちの曲を作ることで“グループ内にいる(認められている)”と感じられた。
・たとえ音楽の才能がなくても、1曲くらいは作ることができるんだとわかった。
・家族や友人たちが聴けるようにCDをつくったことで達成感を感じた。
といったものがあげられたようです。

曲を構成しているテーマ

この音楽療法プログラム内での作曲で、各グループが作った曲のテーマをみると、

・世界の平和などについて
・精神疾患との生活は大変だということ
・精神疾患に対処することは強さが必要だということ
・宗教と精神性への支持について
・今の生活への癒しについて
・チームでの作業は楽しいということ
これらの6つがテーマとして含んでいたようです。

曲をつくるということ=自己表現



“作曲”という作業活動は“自己表現”の一つでもあり、非常にポジティブな経験の一つとして捉えられます。
さらにチームで曲をつくるというクリエイティブな行為は、“私たちの曲”という認識を生むので自分がそのチーム内でしっかりと活動している、という感覚を与えることになります。

社会的な相互作用、関わりが精神疾患を抱えながら地域で生活する人にとっては大きな課題の一つでもあるため、この結果は非常に心強いものとなったようです。
また、プロのレコーディングスタジオでCDを制作した!という経験はグループメンバーにとって非常に有益なものであり、家族や友人にCDを渡すということを誇りに持っていたようです!

まとめ

精神疾患を抱えながら生活するということは様々な問題や課題がありますが、「人間の精神」というものは「人との関係」によって構成されるということがこの研究からも示されるかと思います。
なによりこの研究でわかったように、“作曲”という活動によって自己表現をすることができ、その自己表現を介することで自分を改めて知り、他者と関わり、自分らしい生活につなげていくことができるのだと思うんです!

精神的、社会的な問題が多い現代社会では、こういった音楽療法、作業療法のアプローチはさらに必要となってくるんじゃないでしょうか?

作業療法士は語りたい!

“自己表現”と“役割”という二つの視点がその作業活動に含まれていることがポイントになるんでしょうね!
もちろん作曲だからといって、ピアノやギターじゃなきゃいけないってわけではないから、
その方法はどんなものでもいいんだと思うんだよね!

参考記事:Music therapy soothes mental illness

 

関連記事

  1. アドラー心理学で考える作業療法の技術について!
  2. 継続力には行動そのものをマネジメントする必要があるって話。
  3. アドラー心理学からみる“対人関係の作法”の14のポイント
  4. クライアントのセルフイメージ向上に繋がる5つの勇気付けの方法につ…
  5. 作業療法士が覚えておきたいクライアントの生活習慣を変えるためのコ…
  6. 音楽でリハビリ?音楽療法によって言語障害が回復したガブリエル・ギ…
  7. BGMは意外と潜在意識に働きかける効果があるって話。
  8. 意思の強さは関係ない?行動するには条件設定が必要!

おすすめ記事

脳卒中の患者に毎日好きな音楽を聴かせたら、脳に変化が起きた!…という話。 職場がギスギスして働きにくいのは、偏ったものの見方、考え方の“私的論理”が原因かも! 作業療法士が覚えておきたいパソコンのショートカットキーまとめ 神経難病のコミュニケーションとAACの3段階のテクニックについて IoTがもたらす医療、介護、リハビリ(作業療法)の発展と可能性を考えた!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP