精神・心理学

BGMは意外と潜在意識に働きかける効果があるって話。

 

最近は病院やクリニックの受付や待合室なんかでもうっすらとBGMを流していることが多くなってきたように感じますが、あの理由についてって考えたことあるでしょうか?
実はあれって“なんとなく”や“雰囲気づくり”ではなく、“潜在意識”に働きかけるというちゃんとした理由と根拠があるんです!
そこで今回は“潜在意識”に影響を与えるBGMについて調べてみました!

BGMの持つ効果


バックグラウンドミュージック(英: background music)は、なにか別の主体となるものの背景として流れる音楽のこと。BGM(ビージーエム)と略される。また、略称で呼ばれるケースの方が多い。バックグラウンドミュージックはその場の主役にはならないが、その場を演出するために使用される音楽である。
引用:wikipedia

病院やクリニック内で使われる例はもちろん、店舗で使用されているものや、映画やドラマなどの背景音楽もBGM(バックグラウンドミュージック)と呼びます。
そのBGMが持つ効果については以下の3つが代表的です!

①マスキング効果
②イメージ誘導効果
③感情誘導効果
それが意図的かどうかは別として、BGMにはこのような効果がありますし、使い方によっては期待できるといわれています。

①マスキング効果



BGMの効果の一つとして「マスキング」があります。
ある音(騒音)をある音(BGM)で隠してしまうという効果です。

少し周波数が異なる二つの音がある場合、少し低い周波数の音がそれより少し高い周波数の音を「マスキング」してしまいます。
また当然と言えば当然なのですが、音量の大きい音が小さい音を「マスキング」します。

例としてですが、飲食店でのBGMは調理場の音や他のお客さんとの注文の音、エアコンの音などへのマスキング効果があげられます。
病院やクリニックでのマスキング効果としては、診察室からの個人情報漏えいの防止効果への期待ができるようです!

2.イメージ誘導効果



BGMのもうひとつの効果には「イメージ誘導効果」があげられます。
お店の雰囲気の演出に非常に影響があるのですが、これは潜在意識に働きかけるためのようです。
そのため店舗のBGMの選曲によってお店の集客、売り上げに大きな影響が起こることもわかってきています。
また、病院やクリニックという医療現場内でのBGMにおける“イメージ誘導効果”は“清潔感”につながるような選曲がよいようですね!

3.感情誘導効果



BGMの効果で3つ目は「感情誘導」があります。
『音楽が心臓、脳、健康にもたらす7つの効果について!』の記事でも触れましたが、メジャーキーでの早いテンポの曲は気分を高揚させ、マイナーキーでのゆっくとしたテンポの曲は悲しい気分にさせる効果があると立証されてもいます。
無意識のうちに聴く人の感情に働きかける効果があるのも、BGMの強みでもあります。
病院やクリニックでの感情誘導効果としては、“不安感の軽減”や“リラックス効果”などでしょうね!

まとめ

BGMって普段何気なく気にも留めないようなものでしょうけど、潜在意識に働きかけられると考えると、与える影響って非常に大きいと思います。
“空間づくり”という枠組みで考えれば、作業療法士も貢献できる部分は大きいと思いますので、こういったBGMの効果についても意識するといいかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

リハビリ室でもBGMをかけるといいかもしれませんね!
ただその場合は、“何を目的とした選曲か”をしっかりと意味づけしないといけないかもね!
ゆっくりとしたBGMでリラクゼーション効果を目的にするのか、
アップテンポなBGMで活動性向上を目的にするのかによっても全然違いますからね!
 

関連記事

  1. アルツハイマーの方には馴染みの音楽が有効ということを事例を通して…
  2. 他者への感情をコントロールするために必要な7つのこと!
  3. 感情を定量化!エモリーダーが未来の臨床を変えるかもしれない!
  4. 意思の強さは関係ない?行動するには条件設定が必要!
  5. A10神経を活性化すると得られる5つのメリットとその方法について…
  6. 音楽療法として『作曲』をすること自体が精神疾患の治療になるという…
  7. 音楽でリハビリ?音楽療法によって言語障害が回復したガブリエル・ギ…
  8. 作業療法士にとって必要な“継続力”を維持する5つのステップについ…

おすすめ記事

ジャーナルだけじゃない?リハビリテーションに関する雑誌11選! WCSTの方法とその目的、対象疾患について! 両立支援コーディネーターが必要な理由と求められる能力とは? 半側空間無視の定義や症状とリハビリ(検査・評価方法、治療方法)について! アドラー心理学から学ぶ、スムーズな人間関係構築術について
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP