福祉用具

作業療法士が福祉情報技術コーディネーターを取得して気づいた3つのメリット

 

“福祉情報技術コーディネーター”って資格、ご存知ですか?
筆者は作業療法とIT技術に興味があり、その分野での可能性を感じていることからもこの資格を取得しています。
今回はこの『福祉情報技術コーディネーター』についてと、作業療法士である筆者がこの資格を取得して気づいたメリットについてまとめてみました。

福祉情報技術コーディネーターとは?


福祉情報技術コーディネーター認定試験では障害者(高齢者を含む)のために、コンピュータを含む支援技術と、補助機材をその障害に応じて結びつけ自立をサポートできるように、環境提案と、その操作技術を教えるための指導者としての能力を認定します。
引用:e-AT利用促進協会

もともとは平成12年に「アシスティブテクノロジー検定試験」としてスタートしたのが始まりで、その後平成15年に福祉情報技術コーディネーター認定試験に名称変更しています。

受験料

1級・・・・10,800円
2級・・・・8,640円
3級・・・・7,560円

合格率

3級の合格率ですが、

1級:43%
2級:41%
3級:39%
というデータがあります。

試験内容

出題範囲は主に公式のテキストからの出題になりますが、最新のOSやスマートフォン、タブレット、また障害者雇用の法案についてなどテキストには記載されていない問題も出題されていました!
回答方式はマークシートですが、1級は小論文がありますのである程度の文章力も必要になります。

ちなみに僕が受験したときの小論文のテーマは
「脊髄損傷の方へのパソコン導入の際の注意点」についてだったよ。
うわ、大変そう。

福祉情報技術コーディネーターは期待されている資格

福祉情報技術コーディネーターを取得している職種としては、

作業療法士
介護福祉士
社会福祉士
といった医療、介護系の仕事をしている方が多いようです。

また、以下のツイートでもあるように障害児教育の分野でも非常に有効性が高い資格と言えるようです。


現在は休止している?

そんな今後の医療、福祉とITを担う資格ともいえる『福祉情報技術コーディネーター』ですが、2017年2月に行われた第36回試験を最後に、現在は開催を休止しているようです。
その理由としては、

昨今の情報化の急速な進展により、支援技術にも大きな変化が起きております。したがって、唯一の試験のベース教材となっている福祉情報技術コーディネーター対策テキストの内容についても現在の新技術に合わない点が多々発生してしまっていることも否めません。
出題内容につきましては、現在まで情報化を出来る限り反映させて適切な問題の作成に鋭意努力して参りましたが、将来に亘る試験の継続と有用性を考えた場合、問題内容と合わせて、試験名称の変更や新テキストの作成を含めて、抜本的に改革することが必要であるとの結論に至りました。
引用:福祉情報技術コーディネーター認定試験公式サイト

とのことです。

たしかに、公式テキストの内容や使用している写真、文献などもやや古めのものもちらほらと・・・(苦笑)
IT分野は非常に発展するスピードが速いので、この判断は正しいのかもしれませんね!

作業療法士が福祉情報技術コーディネーターを取得するメリット



実際筆者がこの資格を取得したことでのメリットですが、

1.臨床の現場で役立つことができた

これが一番大きいですね。
実際に現場でクライアントとパソコンやスマホの操作方法を検討する機会が多いのですが、福祉情報技術コーディネーターの試験勉強をしていなかったらできなかったサービス提供やアドバイスが多くありました。
むしろ勉強する前はどうやって指導していたんだろう・・・と怖くなったくらいです(苦笑)

2.自身の知識を体系的にまとめることができた

OTはセラピストとしてリハビリテーションサービスを提供する手段は決して徒手的なものに限らないと思っています。
自身のあらゆる知識をそのクライアントの求めるものに統合し、抽出した情報が「アドバイス」や「指導」につながると考えています。
いくらパソコンやスマホに興味があって、少し詳しいだけでは偏りができてしまい、「アドバイス」や「指導」するための知識としては今一つのものになってしまいます。

3.作業療法士のキャリアをより高めることができた

作業療法士は全国にたくさんいますが、その中で自分のキャリアをより「生き残れるもの」にするには少し工夫がいります。
ただ漫然と目の前の業務をこなすだけ…ではこれからさらに増加していくであろうセラピストのなかで、長く自分のキャリアを保つことが難しくなってしまいます。
「キャリアデザイン」の分野でよく言われるのが「掛け算」の発想になります。
「作業療法士」は数多くいても、「作業療法士×福祉情報技術コーディネーター」の人となるとグッと少なくなる…。
そういう発想ですね!

まとめ

残念ながら現在は休止してしまっている「福祉情報技術コーディネーター」ですが、作業療法士の資格と組み合わせるには非常に有益な資格と考えています。
認定試験の再開の時期はまだ未定のようですが、もしまた再開したらITの分野に興味があるOTの方は挑戦してみるといいかもしれませんね!

作業療法士は語りたい!

記事の中では「3つのメリット」としてまとめたけど、
ウェブ上で自身のコンテンツとしてまとめて公開することも一つのキャリアデザインになるんだよね!
自分のOTとしてのキャリアをどう育てていくか…ってのも考えないといけないですね。
これからはOTの資格があるから安心…とは言えないからね!
世知辛い世の中です…(泣)
Sponsored Link
 

関連記事

  1. 作業療法士が覚えておきたいコンピュータアクセシビリティ(Wind…
  2. ITとICT、IoTの違いについて調べてたら、作業療法士の知識に…
  3. 視覚障害を持つ人へiPhone・iPadができる11のサポート機…
  4. IoTがもたらす医療、介護、リハビリ(作業療法)の発展と可能性を…
  5. リハビリの臨床や現場でアプリを使用するメリット・デメリットについ…
  6. マウスが使えない?テンキーをマウスとして使うマウスキー機能につい…
  7. 2つのキーを同時に押すことが難しい時は、固定キー機能がおすすめ!…
  8. 作業療法士が覚えておきたいパソコンのショートカットキーまとめ

おすすめ記事

動作経済の原則を知ることはOTにとって即戦力になるんだと思うんです。 脳卒中急性期の評価法である“Canadian Neurological Scale”についてまとめ! 「ワンカップ大関の線香」と「お墓参り」はリハビリテーションとして有用なのでは? 作業療法の「作業」は意味がある+面白いものであるべきだと提案します!
作業療法士が障害者雇用を行う事業所(企業)に対してできることを考えた。
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP