リハビリテーション評価

  1. 作業療法士が行う検査・測定の2種類の方法と4つの注意点について

    作業療法士は臨床や現場でクライアントの評価を行う際、様々な検査や測定を行う機会があります。検査方法によっては、その結果を数値として示す場合にはその変化を正確なものにするためにもいくつかの注意点に気をつけないといけません。今回は一例として…

  2. 臨床での面接における4つの記録の方法とは?

    作業療法士がクライアントを評価として面接し、それを記録として残す場合には様々な方法があります。今回…

  3. 作業療法士が面接を行う上での 6つの注意点とは?

    作業療法士がクライアントに対して面接を行う場合、いくつかの注意点があります。それの場面が机に対峙し…

  4. 作業療法における面接の2つの目的とは?

    作業療法士(以下OT)がクライアントに対しての評価段階で行われるものに“面接”があります。今回は臨…

  5. 臨床で作業療法評価結果の分析をスムーズにする4つの方法

    作業療法の評価結果の分析を行う方法について、しっかりと把握していますか?OTの臨床や現場では常に評…

  6. 作業療法士が身に着けたい 「観察力」を高める3つのステップについて

  7. 作業療法評価における重要な3つの手順について!

  8. その評価、意味がある?作業療法士が評価をする3つの目的とは?

PAGE TOP