リハビリテーション評価

  1. 前頭葉の機能検査のための“Verbal Fluency Test(言語流暢性課題)”について

    前頭葉の検査でも、比較的古くからあるものとして“Verbal Fluency Test(言語流暢性課題)”があげられます。今回はこの“Verbal Fluency Test”の方法や対象、関与する脳の領域などについてまとめてみました!…

  2. ストループ効果とストループテストの目的、やり方について

    色名語とそれが書かれた色名が異なる色名語を答えるというストループテスト(stroop test)です…

  3. リバーミード行動記憶検査(RBMT)の検査項目や方法、平均点やカットオフ値について

    高次脳機能障害でも特に記憶障害に対しての検査として有名なものにRBMT リバーミード行動記憶検査があ…

  4. AMM(audio motor method)による注意障害検査の特徴や方法、平均値などについて

    高次脳機能障害のひとつである注意障害の検査方法にはCATやTMT等があげられますが、AMM(audi…

  5. WAIS-Ⅲの特徴や対象、方法、結果解釈について

    知能検査のひとつであるWAIS-Rの改訂版であるWAIS-Ⅲは様々な改訂項目があり、現在多くの医療機…

  6. ウェクスラー成人用知能検査・改訂版(WAIS-R)の特徴や対象、方法と高次脳機能への応用について

  7. 標準高次動作性検査(SPTA)の検査項目や検査方法、点数算出や結果解釈について

  8. 標準高次視知覚検査(VPTA)の対象や方法、検査項目について

  9. N式老年者用精神状態尺度(NMスケール)の使用方法やメリット、デメリット、点数と重症度について

  10. 認知症検査であるGBSスケールの目的や方法、メリット・デメリットについて

PAGE TOP