リハビリテーション評価

  1. 関節可動域測定(ROM-T)の目的と方法について

    身体障害領域のリハビリテーション医療の現場では、クライアントの関節可動域の角度についての評価を求められることが多くあります。今回はこの関節可動域(ROM)測定の目的や方法、基本軸や移動軸、そして参考可動域角度などについてまとめてみました!…

  2. 脳卒中上肢機能検査(MFT)の方法と注意点や解釈、カットオフ値について

    上肢の機能検査の方法としてはSTEFがありますが、脳卒中に特化した上肢機能の検査方法としては“脳卒中…

  3. コース立方体検査の方法と注意点、カットオフ値について

    被験者の知能検査の方法はいろいろありますが、“コース立方体検査”もその中で有名な検査の一つと言えます…

  4. 三宅式記銘検査のやり方や教示方法、点数平均、カットオフ値について!

    記銘力や記憶について評価する方法は様々ですが、“三宅式記銘検査”もその中の一つで有名な方法といえます…

  5. レーブン色彩マトリックス検査の目的や理由、教示方法と平均点、カットオフ値について

    レーブン色彩マトリックス検査ってどちらかというとST(言語聴覚士)による検査…のイメージですが、作業…

  6. 尿失禁によるQOLの評価であるICIQ-SFについて!

  7. 半側空間無視の責任病巣について!

  8. Berg Balance Scale(BBS)による評価のやり方、目的や基準値、カットオフ値について

  9. 痙縮の評価である Modified Ashworth scale (MAS)の方法と注意点について

  10. mRS(modified Rankin Scale)による評価の目的や方法、判断基準などについて

PAGE TOP