リハビリテーション評価

AMM(audio motor method)による注意障害検査の特徴や方法、平均値などについて

 

高次脳機能障害のひとつである注意障害の検査方法にはCATTMT等があげられますが、AMM(audio motor method)は聴覚による選択性注意障害を検査するのに特化した方法と言えます。
今回はこのAMMの特徴や方法、注意点や平均値などについてまとめました!

AMM(audio motor method)とは?

AMM(audio motor method)とは、“聴覚-運動メソッド”とも呼ばれる注意障害の検査方法のひとつになります。
1986年に鹿島らが発表しました。

AMMは選択性注意障害に特化している?

AMMは注意障害のなかでも、“選択性注意障害”の検査に特化した方法になります。
この選択性注意障害とは、様々な刺激のなかから、目的情報のみを検出することができなくなる障害です。

AMMの検査目的について

AMMは選択性注意障害に対しての検査でも、特に

・聴覚刺激に対しての選択性注意
・聴覚刺激に対しての持続性注意
…の両方の要素を検査することを目的としています。

AMMの検査方法

AMMの検査方法としては、

①テープレコーダーを使用し、5種類の類義語音「ト、ドボ、コ、ゴ」を1音/秒の速度で5分間提示
②目標語音「ト」に対して何らかの合図による反応を求める
…という方法になります。

AMMの注意点

AMMの検査を実施するにあたっての注意点としては、

・5種類の類義語音「ト、ドボ、コ、ゴ」はランダム配置していること
・目標語音である「ト」は1分間に10回、計50回出現するようにすること
…があげられます。

AMMの結果と解釈について

上述した方法によってAMMの検査を行い、正答率(母数は50)と的中率(母数は総反応数)を算出します。

AMMの平均値

AMMの平均値についてですが、

年齢 平均値 的中率
64歳以下 89.8% 91.4%
65歳以上 72.4% 65.0%

…とされています。

AMM=ADT?

AMMを発表した鹿島らと同じグループである加藤(1995)の論文では、ADT(auditory detection test:聴覚性検出テスト)と言い換えられているのでAMMと同義だと考えられます。

まとめ

注意障害はその状況や被験者の心理的状態によっても現れ方が変わってくるので、様々な検査バッテリーを使用したり、実際のADL場面などで評価を行う必要があります。
AMMは聴覚刺激に対しての選択性注意能力が検査ができるといった、その検査とどの障害に対しての検査なのかをしっかりと把握し、多角的に評価をしていく必要があるんでしょうね!

作業療法士は語りたい!

その検査バッテリーの特徴をしっかり把握して、複数の検査を使用することで、
様々な場面での注意障害の現れ方、生活上の困難さを評価することができるんでしょうね!
高次脳機能障害に限ったことではないけど、
そのクライアントの症状、障害を“生活”につなげて考えることが作業療法士が求められている能力であり、視点なんだと思うんだ!
 

おすすめ記事

CDRによる認知症評価の方法と注意点、自動車運転におけるカットオフ値についてまとめてみました! 【プラスハンディキャップ】編集長、佐々木一成さんが考えるリハビリテーションとは?【インタビュー③】
音楽でリハビリ?音楽療法によって言語障害が回復したガブリエル・ギフォーズ氏の事例について! 「画面に近づいて」はNG? 視覚障害のパソコン操作には拡大鏡を試すべし! SDH(健康の社会的決定要因)の視点が今後のリハビリテーションにとって重要だと思うんです。

関連記事

Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP