作業分析

包括的作業分析の特徴と注意点について!

 

作業分析を大きく分類したうちの一つに『包括的作業分析』があります。
今回はこの包括的作業分析の特徴とこの分析法を行うにあたっての注意点などについてまとめてみました!

包括的作業分析の特徴について

この包括的作業分析の特徴についてですが、

①作業療法の教育のなかで発展してきた分析法
②作業の固有の特徴を分析し、理解する方法
③評価や治療的介入に作業を使うとき、どの作業を選択する基準になる
④作業療法士にとって基本的な技能
⑤分析項目が多い
⑥一般に特別な治療目標や特別な患者を想定しない
⑦臨床で使用するためには広範囲にわたっているので実用的ではない
⑧この分析法の様式や方法について、合意されたものではない。
…といった8点があげられます。

①作業療法の教育のなかで発展してきた分析法

包括的作業分析はそもそもOTの教育プログラムのなかで発展してきています。

②作業の固有の特徴を分析し、理解する方法

包括的作業分析は分析対象の作業がどんなものであれ、その作業が持つ固有の特徴を分析していくことで、理解を深める分析法といえます。

③評価や治療的介入に作業を使うとき、どの作業を選択する基準になる

包括的作業分析によってその作業の特徴が分析されていくことは、クライアントの評価や治療的介入の際に利用する作業を提供する際のヒントにもなります。

④作業療法士にとって基本的な技能

作業を分析し、臨床に発展させる…という能力はOTの専売特許と言えますが、逆にこの能力、技法は基礎的なモノとも言い換えることができます。

⑤分析項目が多い

分析対象の作業の特徴を理解するために、それを構成する多くの項目を分析しなければならないので…結構大変な分析法でもあります。

⑥一般に特別な治療目標や特別な患者を想定しない

あくまでも「作業」自身の特徴を分析的に理解していくため、そこに特別な疾患や治療方法は想定されていない…というのも特徴です。

⑦臨床で使用するためには広範囲にわたっているので実用的ではない

⑤分析項目が多い…にも通じる事ですが、あまりにも膨大な分析を行わないといけない点からも制限が多い臨床ではうまく利用することができないというのが課題ともいえます。

⑧この分析法の様式や方法について、合意されたものではない。

スタンダードな方法や体系化されているわけではないので、分析を行う人によってばらつきがでてきてしまう…というのも課題でしょうね!

包括的作業分析法を行う際の注意点

また、この包括的作業分析法を行う際の注意点ですが、

①分析する作業をよく知っていること
②材料、道具、完成までのプロセス、人とのかかわりの範囲と程度を知っている
③分析した作業に従事した経験があること、または実際にやったことがなくでも、かなりの細かい部分まで熟知していること
④その作業全般ではなく「具体的な作業」に限定して分析する必要がある
⑤対人関係もはっきりと条件づけて行う
⑥特定の環境を設定して行う
…の6つがあげられます。

①分析する作業をよく知っていること

その作業自身をOTが知らないとどうしても分析項目を拾い上げることができなくなってしまいます。
まずはその作業について「知っている」というのが前提になります。

②材料、道具、完成までのプロセス、人とのかかわりの範囲と程度を知っている

その作業に関わる環境やプロセスについても理解していないとやはり分析にひずみができてしまいます。

③分析した作業に従事した経験があること、または実際にやったことがなくでも、かなりの細かい部分まで熟知していること

できる限りその作業を経験していると分析しやすさが違うと思います。
とはいっても世の中のあらゆる作業を経験するとなると現実的ではないので、やはり「知っておく」…なにより「興味を持つ」ことが重要とも言えます。

④その作業全般ではなく「具体的な作業」に限定して分析する必要がある

例えば「陶芸作業」を包括的作業分析するとしても、その方法や道具、環境はもちろん何を作るのか?という点まで様々です。
これらすべてを網羅するのも現実的ではないので、「湯飲み茶わんを板づくりでつくる」とある程度限定的にして分析することが望ましいと言えます。

⑤対人関係もはっきりと条件づけて行う

この点もOT独自の強みと言えます。
ある程度場面設定を対人面から設定することで、クライアントに必要な作業や環境と言ったモノまで分析的にみることができます。

⑥特定の環境を設定して行う

その場所がOT室でもクライアントの部屋でも、できる限りクライアントがその分析対象の作業を行う場面に近いような場面設定が必要になります。

まとめ

包括的作業療法は非常に多くの項目とプロセスから構成されている点から、あまり臨床的とは言えないのかもしれません。
でも、世の中のあらゆる作業を、OTが作業分析することでクライアントへの作業療法的介入に役立たせることができると考えられます。

作業療法士は語りたい!

包括的作業分析を、一般的作業分析」と呼ぶOTの人も多くいるね!
その理由ってどんなのになりますかね?
あくまでOTとか臨床という観点を外したうえで、
一般的な方法としてそのさぎょうを分析すること…という点を強調したいからかもしれないね!

関連記事

作業療法士による作業分析の目的と方法、動作分析・活動分析との違いについて考えてみた!
限定的作業分析の特徴とその注意点について

【参考文献】
基礎作業学

Sponsored Link
 

関連記事

  1. サーブリッグ分析の第2類を考えたら高次脳機能障害の問題点につなが…
  2. MODAPTSによる作業分析の方法やメリットについてまとめてみた…
  3. PTS法は作業療法の作業分析に利用できるか?を考えてみた!
  4. 作業療法における動作分析を産業工学から考えたら結構捗った件。
  5. 作業分析だけじゃない?リハビリで応用できそうな産業工学の“分析”…
  6. 動作経済の原則を知ることはOTにとって即戦力になるんだと思うんで…
  7. サーブリッグ分析第3類に位置する4つの動作について!
  8. 作業療法士がサーブリッグ分析の第1類を考えてみた。

おすすめ記事

サーブリッグ分析第3類に位置する4つの動作について! 就労支援における、情報収集と環境評価・調整の方法について! 半側空間無視の発生メカニズムである“空間性注意の神経ネットワーク”について 動作経済の原則を知ることはOTにとって即戦力になるんだと思うんです。 意欲を引きだし行動につなげる…行動のABCモデルはOTに必要な視点です!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP