ADL

排尿のしくみについてざっくりまとめてみましたよ!

 

排尿障害を考えるにあたって、まずは排泄のしくみについて知っておかないといけません。
そこで今回はざっくりですが、排尿のしくみについて、関与する4つの器官をベースにまとめてみました!
基本に返ることって重要ですね(苦笑)。

排尿のシステムは大きく分けて4つ



排尿に関与する器官は大きく4つの“泌尿器”に分けられ、それぞれの働きによって“排尿”というシステムとして構成されていると言えます。

①腎臓
②尿管
③膀胱
④尿道
…の4つで構成されています。

端的に言ってしまえば、

①体内に吸収された水分が“腎臓”で尿となり、
②その尿が“尿管”を経由して…
③“膀胱”内に蓄積され、一定量に達すると尿意を感じ…
④“尿道”を通って体外に排出する
…こんな流れになります。

以下にそれぞれの機能や特徴を説明します。

①腎臓



腎臓は尿を分泌する“複合管状腺”で、体内を巡った血液をろ過し、尿をつくる器官になります。
全身を巡った血液は、毛細血管を経由して腎臓によってろ過され原尿となります。
原尿自体は一日に200l程度つくられますが、再吸収をされるので不要な水分や老廃物である尿として残るものは1%程度になります。

②尿管


腎臓でつくられた尿を膀胱へ送るための経路になります。
膀胱へ尿を送るには尿管の蠕動によるのですが、この蠕動は1分間に3回程度行なわれ、速度としては2~2cm秒が通常のようです。
尿管の神経支配は交感神経のみであり、尿管上部は腎神経叢、尿管下部は下腹神経の線維を受けています。
ちなみにこの尿管の蠕動運動は神経を切断しても起こる運動になります。

③膀胱


尿管から送られてきた尿を蓄えておく器官になります。
通常、膀胱に約150~200mlの尿が蓄積され膀胱内圧が高まることで初めて尿意を感じるようになりますが、この段階では比較的我慢できる程度の尿意のことが多いようです。
しかし300~400mlになり膀胱内圧の急激な上昇に伴い、膀胱壁の伸長とともに膀胱壁にある伸展受容器が刺激され、この刺激が脊髄→排尿中枢(脳幹)→大脳皮質→排尿中枢(仙髄)に伝わり、非常に強い尿意となります。
この段階までくると我慢することができない場合がほとんどのようです。

④尿道


膀胱にたまった尿を外に排出する器官になります。
排尿には内・外尿道括約筋の弛緩と排尿筋の収縮運動が必要になってきますが、これに障害が起こると“失禁”もしくは“尿閉”になり生活上の問題に発展していきます。

まとめ

基本的なことですが排尿のしくみや関わる器官の働きを知ることで、はじめて作業療法士が関わる排尿のトラブルに対応することができるんだと思います。
その排尿障害がどの段階が原因のトラブルなのかを見極めることが重要になってくると思うんです。

作業療法士は語りたい!

養成校の解剖学や生理学で習ったことがありますが、すっかり忘れてますね…。
臨床や現場に出てからこそ改めて、解剖学や生理学といった基本的な部分をもう一度勉強しなおすことも必要かもしれないね!
 

関連記事

  1. 尿失禁に対しての治療ってどのような方法があるのか調べてみました!…
  2. “排泄”の目的と排泄障害が及ぼす生活への4つの影響について!
  3. 尿失禁の5つの分類とその原因、疾患について!
  4. 高齢者の一過性の尿失禁を招く8つの原因について
  5. 臨床や現場で“排泄ケア”が十分に取り組まれていない2つの理由とは…
  6. 食事動作を作業療法の視点から分析するときに必要な4つの視点とは?…
  7. 日本で排泄に関して取り組んでいる学会、団体、協会まとめ
  8. 尿失禁の5つの種類とその症状について!

おすすめ記事

研究や症例報告をスムーズに!脳卒中重症度スケール(JSS)について! AMPSを実施することにおける11のメリットと4つのデメリットについて! 災害に備えておきたいおすすめ簡易トイレ4選! 尿失禁の5つの分類とその原因、疾患について! 認知症検査であるMMSEの注意点とカットオフ値、実施方法についてまとめ!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP