リハビリテーション評価

そもそも“分析”ってどんな意味なのか調べたら、非常にリハビリテーション的だった話。

 

作業療法をはじめ、リハビリテーションの分野では様々な“分析”があります。
作業分析、動作分析、活動分析、行動分析…。
今回はそれらの“分析”とはどのようなものなのか、調べてみました!

分析とは?



そもそも“分析”とはどのようなことなのでしょうか?
調べてみると以下のように定義されています。

分析とは…

①ある物事を分解して、それらを成立させている成分・要素・側面を明らかにすること。
②物質の鑑識・検出、また化学的組成を定性的・定量的に鑑別すること。
③概念の内容を構成する諸徴表を各個別に分けて明らかにすること。
④証明するべき命題から、それを成立させる条件へ次々に遡っていくやり方。
引用:wikipedia

…なんだかちょっと難しいですが、それぞれ深めてみます。

①ある物事を分解して、それらを成立させている成分・要素・側面を明らかにすること



様々なものは小さな情報の集合体と捉えると、構成している個々の情報を改めて分けることが“分析”することの第一歩になるんだと思います。
その“分ける”ことも何を軸として“分ける”かは、分析の目的によって変動するような印象も受けます。
そして分けた後の個々の情報をそれぞれ比較することで、物事を明らかにする作業を“分析”と呼ぶ…という解釈だと大きな誤解はないのだと思います。

森を分析するために、構成している1本1本の木にフォーカスを当て、比較することで、
改めて森を見直し、新しい発見をする…ってイメージかな?
だから、要素、成分、側面を明らかにするってことなんですね!

②物質の鑑識・検出、また化学的組成を定性的・定量的に鑑別すること



この文言でいう分析の意味が指すものは、どちらかと言えば“科学的な分析”のことを主に指しているので直接作業療法の分野には関連しにくいですが、
“定性的・定量的に鑑別すること”という部分は共通する印象を受けます。
作業療法をはじめとしたリハビリテーションの分野は主に“人”を対象とする分野であることから、数字では表せられない“性質”の部分にフォーカスをあてる“定性的”な側面を重要視する傾向があります。
しかし、効果判定の為の比較検討などの際にはやはりしっかりとした“数字”で表す“定量的”な側面も必要になってきます。
リハビリテーションにおいての分析で必要なものは、“定性的”、“定量的”どちらの側面も必要になってくるという解釈なんだと思います。

個人的には評価においては定量的な要素、
治療介入においては定性的な要素を重要視したほうが自然なんだと思うんだよね。
ナラティブを基礎とするか、エビデンスを基礎とするかの違いでしょうね!

③概念の内容を構成する諸徴表を各個別に分けて明らかにすること



“徴表”とは、ある事物の特徴を表すもので、他の物と区別する性質のことを言います。
それが作業でも動作でも活動でも精神でも、それらの概念特有の特徴を個々に分けて再度明確にすること…と解釈できますので、比較的①の“分析”の捉え方に近い印象を受けます。
まあ、そのまま“概念分析”なんて言葉があるくらいですから(笑)。
ただ意外に作業療法プログラムを考える際には、この概念の分析という工程は必要なんだと思うんですけどね!

“概念”ってこと自体非常に抽象的であるから、
この曖昧なものを解釈するためには、やっぱり分析的な手法による洞察が必要なんだろうね!
作業療法においての“理論”なんかも当てはまるでしょうね!

④証明するべき命題から、それを成立させる条件へ次々に遡っていくやり方



証明すべき命題…作業療法やリハビリテーションの分野においてはクライアントが抱える“生活障害”と捉えるとわかりやすいかと思います。
この障害を成立させてしまっている各条件に振り返っていくこと自体が“分析”という手法…と解釈できます。
作業療法評価自体が分析的な要素を含んでいる…逆に言えば、分析的な視点がないと作業療法評価として成立しにくいってことでしょうかね!

この部分ってトップダウンの概念を見事に反映しているから、
非常に作業療法的と言えるね!
「命題から成立させる条件へ遡っていく」って文言が、まさにトップダウンですものね!

集計と分析は対の関係



ちなみに、その事象に対しての様々なデータを集めて計算することは“集計”と呼ばれています。
物事を分解して、成分、要素、側面を明らかにすることである“分析”とは全く逆にあるものという捉え方ができますね!

まとめ

何気なく臨床や現場でも“分析”という言葉を使っていましたが、改めてその意味を調べ深めることで、分析をすることの目的が明確になったと思います。
クライアントの状態、抱える課題をしっかりと把握するためには、分析的な視点は非常に有効になってくると思います!

作業療法士は語りたい!

人を観る、生活を観るっていう作業療法の分野において、
その対象は非常に曖昧だし、広すぎると思うんだ。
だからこそ構成する要素に分け、比較していくことで、
あらためてその“人”や“生活”を見つめなおす工程が必要になるんでしょうね!
Sponsored Link
 

関連記事

  1. OSA-Ⅱの対象と構成する項目についてまとめてみた!
  2. 臨床で作業療法評価結果の分析をスムーズにする4つの方法
  3. 初期認知症診断にも!かなひろいテストの方法と解釈、カットオフ値に…
  4. 関節可動域測定(ROM-T)の目的と方法について
  5. 抑うつを検査!BDI-Ⅱの方法と注意点、点数解釈とカットオフ値に…
  6. 痛みの評価スケール“NRS”の方法と解釈、VASとの…
  7. バーセルインデックス(Barthel Index)による評価方法…
  8. 作業療法における面接の2つの目的とは?

おすすめ記事

働くことを支援する作業療法「産業作業療法研究会」ってやつを立ち上げてみました! 音楽が持つ5つの医療的・健康的な効果についてまとめてみた! 脳卒中の患者に毎日好きな音楽を聴かせたら、脳に変化が起きた!…という話。 年々増加傾向?就労継続支援A型の特徴や対象、平均工賃についてまとめてみた。 ワークサンプル幕張版(MWS)の特徴と対象、実施方法について!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP