ADL

高齢者の一過性の尿失禁を招く8つの原因について

 

尿失禁という排泄行為における課題を考えるにあたって、その対象によっても原因が変わってきます。
今回はそのなかでも今回は高齢者の一時的な尿失禁の原因についてフォーカスをあてて考えてみます。

一過性尿失禁の原因について

高齢者における、一過性尿失禁を引き起こす原因としては以下のものがあげられます。

①精神錯乱状態・譫妄
②尿路感染症
③萎縮性膣炎or尿道炎
④常用薬剤
⑤精神的
⑥多尿
⑦運動制限
⑧便秘
これらがつまりこれらの原因自体を解決することで、尿失禁症状も解決する場合があります。

①精神錯乱状態・せん妄



原因は様々ですが、一過性でも精神錯乱状態…高齢者の場合はせん妄の症状が現れている状態で、尿失禁の症状も併発するケースがあります。
内服薬の使用や変更(薬剤性せん妄)、環境の変化や心理的不安感の増強時の就寝時(夜間せん妄)などにおいての尿失禁は、精神錯乱状態、せん妄を原因とする一過性のものの場合が多いので、
尿失禁への対処というよりは、このせん妄への対処を優先的にすることが必要になります。

②尿路感染症



腎臓から尿道までの尿路に起こる感染症である“尿路感染症”を原因として尿失禁を起こす場合もあります。
急な発熱や腰背部痛、血尿などの症状が伴う尿失禁は、この尿路感染症の可能性が高いと言えます。
この場合もまずは尿路感染症の治療を優先し、その改善に伴い尿失禁も落ち着いてくることがあるようです。

③萎縮性膣炎or尿道炎



膣や尿道のみの炎症の場合でも、尿失禁の症状を伴うことがあります。
この場合比較的多いのが尿意を感じてからトイレに行くまで間に合わない“切迫性尿失禁”の症状のようです。
この炎症状態の治療を優先することが必須といえます。

④常用薬剤



そのクライアントが常用している薬の副作用が尿失禁の症状の原因の場合もあります。
尿失禁、頻尿を起こしやすい薬としては、
・催眠、鎮静、抗不安薬
・抗うつ薬
・アルツハイマー型認知症治療薬
・中枢性筋弛緩薬
・前立腺肥大による排尿障害治療薬
・抗がん薬
・狭心症治療薬
…といったものがあげられます。
他の尿失禁の原因が見当たらない場合、クライアントが服用している薬にも注目する必要があります!

⑤精神的



精神的に緊張するとトイレに行きたくなる…といったように、精神、心理状態と排尿の状態は非常に相関性が高いといえます。
緊張や不安の状態は交感神経を優位にするのですが、この状態は血圧を高め、尿の生産量を増やし頻尿を招きます。
その結果尿失禁に繋がることが多くなってしまう…ということです。
精神的な不安定の原因を解決するのが優先ですが、状況的に難しい場合はなるべく副交感神経を優位にする…リラックスできる環境や状況に近づける工夫が必要かもしれません。

⑥多尿



1日の尿量が3000mlを超える状態を“多尿”と呼びますが、これも結果的には尿失禁を招く原因のひとつにつながります。
本来、尿は日中に多くつくられるのですが、高齢になるに従い自律神経の不調、心臓や腎臓の機能低下に伴い、夜間の尿生成が増強されてしまい、結果として夜間の方が尿量が多くなる場合があります。

⑦運動制限



なにかしらの疾患や障害によって運動制限の状態では、全身の筋力低下…特に尿道括約筋や骨盤底筋といった筋力の低下による尿失禁の症状がみられる場合があります。
この場合は排尿システムの障害というよりは単純に尿漏れを防ぐための筋力の低下を原因とするものなので、骨盤底筋体操といった筋力強化訓練によって改善がみられます。

⑧便秘



実は慢性的な便秘を原因とする尿失禁もあるようです。
この発生機序としては、便秘によって膀胱の神経が一時的に麻痺し、その結果頻尿や尿失禁を招く…というもののようです。

まとめ

それが一時的でも慢性的でも、尿失禁という症状は非常に精神的負担が多くなる問題といえます。
その原因をしっかりと把握し、対処することが作業療法士にも求められてくるといえます。

作業療法士は語りたい!

尿失禁の原因って一時的にでも様々なんですね。
一過性の尿失禁の場合は、その原因さえ解決すれば尿失禁症状も劇的に改善する場合が多いから、
クライアントの尿失禁をただ「年齢だから…」「認知症だから…」と諦めるのではなく、
「なにを原因とする尿失禁なのか?」をしっかりと考え、介入することが作業療法士のアプローチなんだろうね!
 

関連記事

  1. 食事動作を作業療法の視点から分析するときに必要な4つの視点とは?…
  2. 更衣動作の目的をマズローの五段階欲求に照らし合わせて考えてみまし…
  3. 日本で排泄に関して取り組んでいる学会、団体、協会まとめ
  4. 尿失禁の5つの種類とその症状について!
  5. 排尿のしくみについてざっくりまとめてみましたよ!
  6. 尿失禁に対しての治療ってどのような方法があるのか調べてみました!…
  7. 臨床や現場で“排泄ケア”が十分に取り組まれていない2つの理由とは…
  8. “排泄”の目的と排泄障害が及ぼす生活への4つの影響について!

おすすめ記事

CDRによる認知症評価の方法と注意点、自動車運転におけるカットオフ値についてまとめてみました! 「画面に近づいて」はNG? 視覚障害のパソコン操作には拡大鏡を試すべし! 作業療法士が身に着けたい 「観察力」を高める3つのステップについて ワークサンプル幕張版(MWS)の特徴と対象、実施方法について! SDH(健康の社会的決定要因)の視点が今後のリハビリテーションにとって重要だと思うんです。
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP