作業分析

AMPSの講習会を終えて、個人的に思った5つの事について!

 

3月1日~5日まで、茨城県立医療大学でAMPSの講習会に参加してきました!
5日間ぎっしりの研修という非常にハードなスケジュールでしたが、とても充実していましたし、何より作業療法士にとって必要な評価方法だと感じたのでちょっとまとめてみました!

AMPS講習会のスケジュール



AMPSの講習会は世界共通のスケジュールになっているようです。
つまりどの国でAMPSの講習会を受講しても、内容は同じ…ってことになります!
それだけきちんと整備され、パッケージングされている講習会もなかなかないな…と。

1日目

初日の講習会内容としては、

・AMPSの概要について
・クライアント評価のための準備について
・運動技能、プロセス技能とAdaptationについて
・ケース観察×2

初日の午前中はAMPSの概要についての講義中心ですが、午後になればすぐにビデオを見ながらAMPS評価の実践練習に入ります!
全くAMPSの概念も用語にも慣れていないから、この段階で頭のなかはすでに「???」となってしまいます(泣)

2日目

2日目の内容としては、

・ケース観察×3
・AMPS観察の結果解釈と評価者寛厳度のモニタリング
・AMPS最初の準備

2日目になってAMPSの概念に少しは慣れるかと思っても、これがなかなか難しい(泣)。
ケース観察をすればするほど深みにはまっていく感覚です。
自分の評価の視点に少し自身を無くしてしまいそうになります…。

3日目

3日目は、

・1ケースの観察と採点、介入計画
・ワークシートの使用方法
・換算ケース観察

3日目になると疲労困憊の受講生がちらほら…。
そんなか、自分の寛厳度を測定するための“換算ケース”観察が始まり、講師から自分のAMPS評価をした結果に、個人的にフィードバックをいただくということが始まります。
マンツーマンの指導なのですっごい学生に戻った気分でした。

4日目

4日目の内容としては、

・換算ケース×3
・妥当性と信頼性について
・ライブ観察計画

4日目は換算ケース観察を3つ行うのですが、今までは1度に1課題の提供し評価する…だったのが、1度に2課題を提供し連続して評価するというAMPSの基本の方法に沿って観察をする段階に移るため、
メモの取り方など非常に工夫が必要になり苦労しました。。
また最終日に行うライブ観察の計画についても話し合うなどするのですが、4日目の終盤になると不思議と「明日で終わってしまう…」という寂しさが強くなってました。

5日目

AMPS講習会の最終日は、

・インタビューの練習
・ライブ換算ケース
・換算ケース
・OTAPソフトの使用やAMPSの実践について

最終日である5日目は、ライブケース観察を行い実際の作業場面をAMPSで評価するということを行いました。
今回は「味噌汁の料理」と「掃除機」の課題だったのですが、これがビデオによる観察とは違いなかなか難しい。。
またまとめとしてAMPSの採点結果をソフトウェアに入力するための方法や、AMPSを実際の現場で使用するためのアイディアや課題などについて話し合う時間がありました。

AMPS講習会を終えて思ったこと

AMPSの講習会を終えて思ったこととしては、

①もっと早くAMPSを習えばよかった
②臨床経験を積んでからAMPSを習ってもすごい意味がある
②作業遂行分析の面白さについて知ることができた
③作業を軸に評価、介入することの重要性を知ることができた
④作業遂行分析を学んだ作業療法士の可能性について考えられた

①もっと早くAMPSを習えばよかった

正直「もっと早くAMPSを習えばよかった」って思いましたね。
もっと早くにAMPSの評価方法でクライアントのADL、APDLを評価することができたら、より定量的な評価として扱うことができただろうし、
もっといままでなんとなくクライアントの能力や問題点を“ツギハギだらけの言葉”で説明していたこときちんと言語化できていたのにー…って思いました。

②臨床経験を積んでからAMPSを習ってもすごい意味がある

ただ、逆に臨床経験を10数年積んでからAMPSを習うことにも非常に意味があるなとも思いました。
今までの評価の仕方を改めることができると同時に、臨床経験を積んでいたからこそいろんな情報を統合することができるので、
AMPSをより深く知ることができるのかなーなんても思いましたね。

一番の理想は、臨床に出てすぐの新人のうちに1回、臨床経験を積んで10数年してからもう1回、AMPSの講習会を受講するくらいが理想化と思います!

③作業遂行分析の面白さについて知ることができた

これは本当に面白いなと。
作業分析の可能性については注目していたので、産業作業療法研究会でもコンテンツとして扱ってはいるのですが、あらためてその面白さ、重要性についてAMPSを通じて知ることができました!
「定性的な課題をいかに定量的に評価するか」というのは僕自身でも一つのテーマではあったので、AMPSの手法には非常に学ぶ点が多かった印象です。

④作業を軸に評価、介入することの重要性を知ることができた

「OTのPT化」を少し問題視しています。
せっかくクライアントの作業を分析し、作業を通じて介入できる知識も技術も持っているのに、クライアントをすぐにベッドに寝かせて徒手的な介入…。
その後クライアントにとっては意味を持たないような「作業」という名の輪入れ動作による上肢機能訓練…。
作業療法士の強みをもっと活かせるのに、実際の現場で生かし切れていない場面を多く目の当たりにしてきました。
もちろん自分もそういう介入の仕方をしていなかったわけではないので、反省することは多々あったのですが、「作業療法士の強みを活かし切れていない」ということは、
それだけクライアントの機能が回復する機会や、能力を獲得する可能性をつぶしてしまっていることになります。
「徒手的な介入をするな!」とはもちろん言いませんが、「もっとできることがあるはず」ということをAMPSを習い強く感じました。

⑤作業遂行分析を学んだ作業療法士の可能性について考えられた

人の生活は様々な連続した作業で構成されています。
つまり、人が関わるあらゆる活動が“作業”の集合体であり、作業療法士が扱うことができる対象でもあります。
ADL、APDLはもちろん、趣味活動や余暇活動、就労や仕事といった職業生活、すべてにおいて“作業”が含まれています。
AMPSという作業遂行分析の手法を学ぶことで、作業療法士は多くのことに関われる職種であり、病院や施設に留まらない活動ができるのでは?と改めて考える事ができました!

まとめ

今回AMPSの講習会を5日間受講して、自分が作業療法士であることにうれしさを感じるとともに、この仕事がもっと好きになりました。
作業療法士ができることは非常に多くありますし、もっと多くの可能性を持っています。
個人的には一人でも多くの作業療法士がAMPSを受講し、作業療法の重要性、楽しさなどを再確認してもらえたらなーなんて思いました!

さて、3か月以内に10ケース評価しないと…。。

作業療法士は語りたい!

AMPSを受講するには5日間で85,000円かかるんだけど、
正直講習会の内容から考えるとすごい安く感じたねー。
この受講費の内訳をみても75,000円はソフトウェアのライセンス料ですからね!
再受講する場合は10,000円でできるから、とんでもない破格の値段設定なんだよね。
そう考えると、もっと多くの作業療法士にAMPSを受講してもらいたいですね!!
AMPSについて詳しくはCIOTS JAPAN公式サイトにて

 

関連記事

  1. PTS法は作業療法の作業分析に利用できるか?を考えてみた!
  2. 作業療法における動作分析を産業工学から考えたら結構捗った件。
  3. サーブリッグ分析の第2類を考えたら高次脳機能障害の問題点につなが…
  4. 限定的作業分析の特徴とその注意点について
  5. 包括的作業分析の特徴と注意点について!
  6. 動作経済の原則を知ることはOTにとって即戦力になるんだと思うんで…
  7. サーブリッグ分析第3類に位置する4つの動作について!
  8. 作業分析だけじゃない?リハビリで応用できそうな産業工学の“分析”…

おすすめ記事

産業看護師について(資格や業務内容、人数や報酬)を調べてみました! 神経難病のコミュニケーションとAACの3段階のテクニックについて ギターの自作って作業療法のアクティビティにアリでしょうか? QOLの本当の意味を考え出したら、「痛み」の軽減が最優先になったって話。
脳卒中の復職支援に必要な評価項目をまとめてみました!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP