職業・産業リハ

理想の職業生活を送るために必要な3つの要素とは?

 

障害を有する人の復職、就労といった職業リハについて作業療法士として考えてみると、この「働く」ということがどのようなモノなのか…改めて振り返ってみる機会が多くあります。
学生時代が終わり、何かしらの職業に就いて働く生活…職業生活というものはどのようなものか、そしてその生活を理想的に送るためには、何が必要なのかについて作業療法士の視点から考えてみます。

そもそも“職業生活”とはなにか?


まずそもそも、「職業生活」という言葉について考えてみます。
この言葉は特に福祉的な言葉ではなく、一般的に使われているものであり、高校の公民の教科でも取り上げられている言葉のようです。
そのなかでは、

青年は職業をもち、仕事を通じて自分の個性を生かすことができる。
自分の能力を発揮し、それによって社会に貢献することは、まさしく自己実現の一つにほかならない。

という表現で、この職業生活について触れています。
決して「収入のため」と言っていないところが、なかなか“教科書的”ではありますね(笑)

働く理由について



人材採用などを行っている“エン・ジャパン株式会社”が運営する総合求人・転職支援サービス“エン転職”が実施したアンケート調査(2015年実施)では、「なぜいまの仕事を決めたか?」という質問でアンケートを実施したようです。
その結果については以下の通りになります。

①現在の仕事を決めた理由は?(複数回答可)

アンケート結果からみると、現在の仕事を決めた理由としては、20代、30代は「やりたいこと」、40代は「できること」を重視している傾向にあるようです。
20代、30代では自身の興味や関心の対象から自身の仕事に、40代ではいままでのキャリアから自身の仕事につなげていく…ということになるでしょうね!

②次の仕事を選ぶ際に重視することは?(複数回答可)

「転職するなら?」ということで、20代は給料や休日といった条件面や職場環境を重視しており、40代以上は経験を活かせるかどうかを重視している傾向にあります。
職業生活が長ければ長いほど、自分が歩んできたキャリアや経験をどう活かすか、という発想で考えることが多い印象ですね!

③あなたが働く理由は?(複数回答可)

働く理由としてはやはり「収入を得るため」がトップになりますね。
細かくみると、結婚というライフイベントによって収入を得る目的も変わってきますが、独身が多いであろう20代は「自立するため」、結婚し家族を持つ人が多いであろう30代以上は「家族を支えるため」という傾向が多くみられます。

ただし注目すべきはこの「収入」以外の回答であると思います。

「社会の役に立ちたい」
「自分の力を試したい」
といった回答が少なからず見られることがこの「働くこと」の本当の目的につながっていくのかと思います。

“働くこと”は自己実現と社会参加



作業療法士の視点から見れば、結論から言えば“働くこと”というのは“自己実現”と“社会参加”としての意味を含む必要があると考えています。
生活をしていくため、収入を得るためであったらそれは“手段”として働くことになります。
もちろん生活の経済的安定のための手段という捉え方は重要ですが、あくまで“大前提”であって“全て”ではないという点が重要ではないでしょうか?

前向きに働くことが大事では?



生活をしていくため、収入を得るためを目的とする“だけ”の働き方は、言ってしまえば「受け身な働き方」になります。
自分でコントロールできず、「やらされているだけ」の働き方で、どんなに収入がよくてもそこにはあまり魅力を感じなくなってしまうことが多くあります。
その仕事や働き方に「自己実現」「社会参加」という「前向きな意味」が付帯しないと、「仕事=生活のための手段」でしかなくなってしまい、長い職業生活が味気なく、つまらないものに変わっていってしまいます。

障害者の職業生活は前向きなことが多い?



職業リハについて様々な文献、論文などを調べていくと、障害を有する人の働き方は非常に前向きなことが多いように感じます。
収入を得て、自立するためだったり、家族を養うためという目的はもちろん含まれていますが、なによりも「障害を持っていても働きたい」「社会の役に立ちたい」「自分ができることで役割を持ちたい」という前向きな意欲があるケースが多いように感じます。
少なくとも、「働いたら負け」という感覚ではないことがほとんどのようです。

理想の職業生活とは?



そうなると、理想の働き方、職業生活の送り方とは、
①収入を得る事での経済的自立
②仕事を通しての社会的貢献
③仕事をすることでの自己実現
の3つがバランスよく含まれている状態だと考えます。

もちろん、その時期や状況によってこの3つの優先順位、割合は変わってくるかと思いますが、どの要素も極端に少ない状況にある職業生活はあまりおすすめできない気がします。

まとめ

いくら収入が多くても、そこに自己実現や社会的貢献の要素が少ない働き方では心を滅ぼしますし、逆に自己実現や社会的貢献の要素が多すぎて、収入が極端に少ない働き方では生活が成り立ちません。
この3つのバランスを考えた職業生活が理想といえます。
「生活」を総合的に評価し、対象の個人に合った方法で支援するスキルに長けている作業療法士が、障害を有する人だけでない多くの人の働き方を考え、支援することは非常に自然な流れだと思うんです。
そのための活動として産業作業療法研究会を発足した…ってのもありますけどね!

作業療法士は語りたい!

障害を持つ人の働き方から、学ぶものは多くあるかもしれませんね。
何かしらの「障害」があり、それを克服するために工夫するってことは、
健常者にとっても非常に有益なものであることが多いからね!
ユニバーサルデザインなんか、まさにその典型例ですからね!
そういった意味では、「仕事のユニバーサルデザイン」を考え、社会に還元していくことも
作業療法士の役割になっていくかもしれないね!
Sponsored Link
 

関連記事

  1. 産業看護師について(資格や業務内容、人数や報酬)を調べてみました…
  2. 脳卒中発症後の復職の現状と特徴について備忘録的にまとめてみた。
  3. 義務化された“合理的配慮”を知ることは、自分たちにとってもメリッ…
  4. 両立支援に当たっての5つの注意事項について!
  5. 産業カウンセラー(資格や業務内容)について調べてみました!
  6. 職場適応促進のためのツール“トータルパッケージ”について!
  7. 自分の仕事がうまくいかない時にしてはいけない7つのこと
  8. 勤労と労働、仕事と働くことの意味や違いについて調べたらカオスにな…

おすすめ記事

慢性痛の評価に最適?VRSの方法と注意点について! 高齢者にも適応!視覚障害で画面が見えにくい時のハイコントラスト設定について! 半側空間無視の発生メカニズムである“空間性注意の神経ネットワーク”について 【プラスハンディキャップ】編集長、佐々木一成さんに聞いた設立きっかけについて!【インタビュー①】
コミュニケーションエイド “VOCA”の特徴と使い方、 種類についてまとめてみた!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP