自動車運転

自動車運転支援において作業療法士ができる3つのこと!

 

ここ最近は認知症の方による自動車運転事故の問題が社会的に問題視されていることからも、作業療法やリハビリテーション分野における自動車運転支援の重要性が強く謳われてきています。
もちろんその対象は認知症をはじめ、脳卒中による片麻痺や高次脳機能障害の方といった範囲まで広く扱う必要があります。
そこで今回はこの作業療法士が自動車運転支援においてできることについて考えてみました!

作業療法士が自動車運転支援に対してできること



作業療法士がどの疾患にも関わらず、クライアントの自動車運転支援を行う際にできることは大きく分けて以下の3つになります。
①基礎的運転能力の評価・指導
②教習所や免許センターとの連携
③免許更新など手続きのアドバイス

クライアントの自動車運転能力を直接評価し、その能力に伴った指導を行う“セラピスト”としての介入と、教習所や免許センターといった医療サイドではない自動車運転の専門機関との連携のための“コーディネーター”としての関わり方、そして運転免許証の更新の手続きのためのアドバイスといった包括的な支援が必要ということになります。

①基礎的運転能力の評価・指導

ではまず、この基礎的運転能力の評価・指導とはどのようなものになるのでしょうか?
様々な文献や論文、取り組みの現状などをみると…

・神経心理学検査による評価
・脳卒中ドライバーのスクリーニング評価(日本版SDSA)による評価
・ドライビングシミュレーターによる評価と指導
…の3つが主に実施されている取り組みなのかと思います。

神経心理学検査による評価



この神経心理学検査は入院中の病院内でも可能なこと、作業療法士にとって自動車運転支援に関わらず使用してきた検査バッテリーがメインであることから実施しやすいという利点もあげられます。
実施されている主な神経心理学検査バッテリーの内訳としては、
Trail Making Test(TMT-A/TMT-B)
かなひろいテスト
・コース立方体検査
・レイ複雑図形検査( Rey-Osterrieth Complex Figure Test :ROCFT)
・レーヴン色彩マトリックス検査 (RCPM : Raven’s Colored Progressive Materices)
Mini-Mental State Examination(MMSE)
改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)
などが主に使用されています。

脳卒中ドライバーのスクリーニング評価(日本版SDSA)による評価


脳卒中ドライバーのスクリーニング評価(日本版SDSA)とは、イギリスで開発された脳卒中患者が安全に運転可能かどうかを予測するための検査です。
いままでイギリスやアメリカ、北欧やオーストラリアで実施された研究により、高いエビデンスを持った検査との報告があるようです。
実施内容としては、①ドット抹消、②方向スクエアマトリックス、③コンパススクエアマトリックス、④道路標識の4つのテストで構成されており、被験者の注意、空間認知、非言語性推測力を評価し、統合的に運転適性を評価していきます。

ドライビングシミュレーターによる評価と指導


画像引用:Hondaセーフティナビ

紙面上で行われるペーパーテストのみでは、実際の自動車運転の適性評価には限界があるということで、最近では各リハビリテーション施設でドライビングシミュレーターを導入して評価しているケースも多くなってきています。
リハビリテーション医療機関におけるドライビングシミュレーターで高いシェアを占めるものは、HONDA社による“Hondaセーフティナビ”があげられます。
パソコンを使用し、市販のステアリングと組み合わせることで、簡易型シミュレーターとして使用できることからも導入しやすいというメリットがあります。

②教習所や免許センターとの連携



もちろん病院内や施設内と言ったクローズドの環境内でいくら運転適性検査を行ったとしても、実際の自動車運転環境と乖離する場合が多くあります。
限界はあるでしょうが、教習所や免許センターと連携することで、教習所内での運転教習、路上運転教習を教習所の指導員に受けたりするように設定することも必要になってきます。
この院外での自動車運転評価をスムーズに行うためには、クライアントの情報共有の方法や教習の予約の取り方、教習所までのアクセスや方法といった細かい部分にまで事前設定しておく必要があります。

③免許更新など手続きのアドバイス



加えて自動車運転免許の更新の際の手続き方法や、医師に記入してもらうための診断書の取得の方法などのアドバイスも、自動車運転支援に関わる作業療法士は知っておく必要があります。
この場合免許センターとの連携だけでなく、各都道府県の警察署や公安委員会との連携も必要な場合が多くあります。
しかもその都道府県によって手続きの段取りも様々で、まだ統一されていない点も多いことから自分が関わる地域の手続きの流れを把握しておく必要があるかもしれません。

まとめ

自動車運転支援に作業療法士が関わる際には、“基礎的運転能力の評価・指導”、“教習所や免許センターとの連携”、“免許更新など手続きのアドバイス”といったセラピストとしての関わりだけでなく、コーディネーターとしての関わり
方も必要になってきます。
また医療以外の機関との連携も必要になってくることからも、支援する作業療法士自身のマネジメント能力も必要になってくると思います。
今後ますます自動車運転支援というカテゴリーは必要とされてきますので、作業療法士ができることをしっかりと把握し、早急に整備していく必要があります!

作業療法士は語りたい!

セラピストとしてだけでなく、コーディネーターとしての側面も持った動き方が自動車運転支援には必要なんですね!
クライアントの社会参加という面にフォーカスを当てた介入の場合は、医療機関以外とどう密な連携をとるか?という部分が重要視されるからね!
生活をリハビリする作業療法士としては、自動車運転支援だけでなく今後ますます病院外、医療機関以外との関わりが増えていくと思いますよね!
だからこそコーディネート能力やマネジメント能力が求められてくるんだろうね!
Sponsored Link
 

関連記事

  1. 運転免許センターにおける運転適性相談の対象と方法についてまとめて…
  2. 運転免許の拒否、取り消しになる症状についてまとめてみた!
  3. 高齢者の自動車運転における認知機能検査って何をするのか調べてみた…
  4. 自動車運転適性検査における必要な神経心理学的検査をまとめてみた!…
  5. 障害を持つ人の自動車運転における4つの目的を考えてみた!
  6. 認知症高齢者の方の自動車運転免許証の更新と高齢者講習の流れについ…
  7. 脳卒中の自動車運転再開までの流れをまとめてみた!
  8. 認知症高齢者による自動車運転事故の事例をパターン別にまとめてみた…

おすすめ記事

両立支援において、労働者・医療・職場それぞれが抱える課題について! サーブリッグ分析の第2類を考えたら高次脳機能障害の問題点につながった件。 Berg Balance Scale(BBS)による評価のやり方、目的や基準値、カットオフ値について 作業療法士が覚えておきたいクライアントの生活習慣を変えるためのコツについて! ワークパーソナリティと個人特性の階層構造は就労支援の課題抽出に役立つ!って話
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP