ADL

臨床や現場で“排泄ケア”が十分に取り組まれていない2つの理由とは?

 

ADLにおいて“排泄”は当事者も介護をする側にとっても非常にプライベートな問題から早急な対処が必要といえます。
しかしどの現場でも十分な排泄ケアが取り組めていないというのが現実です。
そこで今回は『排泄ケアが十分に取り組まれていない2つの理由』についてまとめてみました!

Sponsored Link

排泄ケアが十分に取り組めていない理由



排泄へのケアが不十分な理由としては、
①統一された排泄ケアの方法が確立しておらず、教育・研修の機会が少ない
②排泄ケアに対しての制度が整っていない
…の2点があげられています。

①統一された排泄ケアの方法が確立しておらず、教育・研修の機会が少ない



“排泄ケア”と言われて、どのような支援を思い浮かべるでしょうか?
排尿、排便コントロール?
P-トイレの使用方法や動作介助?
おむつやパット、リハパンツの交換?

排泄ケアの項目について

作業療法士として臨床や現場で“排泄”について関わってきた経験からすると、“排泄ケア”の項目としては

・排泄パターンの把握(排尿・排便)
・排泄方法の選定(おむつ・トイレ・P-トイレ・尿器)
・排泄環境の設定(手すりの位置や福祉用具etc)
・排泄動作の獲得(移動・移乗・下衣の上げ下げ・ふき取りetc)
・保清のための清拭ケア(おむつ交換や陰部洗浄)
…といったところが代表的かと。

排泄ケアには基準やガイドラインが必要では?

でも目の前のクライアントにとって、現段階で適切な排泄ケアはどのようなものか?
疾患や障害を軸にした排泄動作への見解と、クライアントや介護者の身体状況、価値観、生活スタイル、そして家屋状況…。
それらの多様な条件を考慮したうえで、上述した項目の選び方も組み合わせ、手順を整えなければなりません。

対応する状況が“多種多様”なため、どうしても“現場判断”であり、担当する医療、福祉スタッフに一存する形になってしまいます。
属人的であり、悪い意味での現場任せの排泄ケアを打破するためにも、エビデンスに基づく判断基準や対応に関してのマニュアル、ガイドラインといったものが必要なんだと思うんです。

②排泄ケアに対しての制度が整っていない



排泄ケアが十分に取り組めていないもう一つの理由として、制度上の問題があげられます。
ここでの制度上の問題とは、オムツ費用といった排泄ケアに関する“コスト負担”と“診療報酬”に関するものです。

おむつ費用は経済的な負担になる?

現在は紙おむつやサラシ・ガーゼなどの衛生用品、集尿器やストーマといったものは“排泄管理支援用具”として市町村からの助成金の対象となっています。
また医師による「おむつ使用証明書」を発行してもらうことで、確定申告の際に控除の対象となります。
それでもあくまで必要コストの一部を補助する形であるため、クライアントの排泄状況によっては介護者へのおむつ費用としての経済的な負担は大きくなってくる場合がほとんどです。

排泄ケアを徹底しても、診療報酬上反映されない?

平成28年度の診療報酬改定で話題になった「排尿自立指導料」が、排泄ケアに対しての診療報酬上の加算項目として代表的なものになりましたが、この加算の条件が“尿道カテーテル”の抜去における排尿障害に限定すること、排尿ケアチームの設置が必要といった条件があります。
またこの加算には、“排便”は含まれてはいません。
いままで臨床や現場で多くの介護者の方からの意見を聞くと、尿失禁と便失禁では、肉体的にも精神的にも負担の大きいのは便失禁のようです(個人的な見解になりますが…)。

もっと広い範囲での排泄ケアに対しての取り組みが診療報酬上加算の対象となれば、臨床や現場での医師も看護師もリハビリセラピストも必死で排泄ケアに取り組むのかもしれません。

まとめ

作業療法士としてクライアントのADLの向上に関わり、支援することは職務として必須であると思います。
そのなかでもクライアント自身、そして介護者にとっても負担の大きい排泄に対しての介入は非常に早急に行うべきかもしれません。
もちろん作業療法士だけでは対処しきれない部分もありますので、そのクライアントに関わるチームとして取り組むことが必要です。
今回まとめたように、より適切な排泄ケアを提供するためには、①排泄ケアに関しての基準やガイドラインの制定、②制度の整備、が必要になってくると言えます。

作業療法士は語りたい!

病院でも施設でも、もちろん在宅といった地域でも、
排泄に関しての問題ってすごい重要ですからね。
QOLという観点からみても、排泄ケアが適切にできているかどうかは、
クライアント自身も介護者にとっても非常に重要な項目なんだよね!

参考記事:QOL向上のためにいま日本で動きはじめた排泄ケアの変革

関連記事

  1. “排泄”の目的と排泄障害が及ぼす生活への4つの影響について!
  2. 尿失禁の5つの分類とその原因、疾患について!
  3. 食事動作を作業療法の視点から分析するときに必要な4つの視点とは?…
  4. 尿失禁の5つの種類とその症状について!
  5. 更衣動作の目的をマズローの五段階欲求に照らし合わせて考えてみまし…
  6. 排尿のしくみについてざっくりまとめてみましたよ!

おすすめ記事

福祉用具と発生する可能性がある二次障害の種類について! SNSは有効?継続力を維持するためのちょっとした3つのコツとは? ロックもポップスも、音楽鑑賞は慢性疼痛の緩和効果があるらしいんです。 産業医について(資格や業務内容、人数や給料)を調べてみました! 作業療法士が覚えておきたいクライアントの生活習慣を変えるためのコツについて!
Sponsored Link

OT愛東

臨床15年目の作業療法士。
作業療法士としてのキャリアと同時に、音楽関係、アパレル関係、ナイトビジネスなどの経験を経て現在ウェブ事業の展開も行っている。
現在は作業療法士のキャリアアップを目的としたウェブメディア『作業療法プレス』をはじめ、複数のブログメディアを運営。
また、自身の様々なキャリアから、改めて「働き方」を考え、支援するために“働きにくさをリハビリする”産業作業療法研究会を設立。
日本作業療法士協会会員・日本職業リハビリテーション学会員・両立支援コーディネーター

OT若菜

臨床3年目の新人作業療法士。
手先が器用なため、手工芸を用いたアクティビティでの介入が得意。
これといった趣味はなく休日は家でダラダラしている。
現在彼氏募集中。
PAGE TOP