作業療法における面接の2つの目的とは?

作業療法士(以下OT)がクライアントに対しての評価段階で行われるものに“面接”があります。
今回は臨床や現場におけるOTが行う面接の目的とはどのようなものか、まとめてみました!

Sponsored Link

そもそも面接とは?


面接(めんせつ)とは、人物像や能力を見たり聞いたりするために、直接会って対話などをする行為をいう。
引用:wikipedia

一般的に「面接」というと“入学試験”や“就職活動”で行われるようなイメージですが、OTによるリハビリテーションの介入場面でも行われます。
とはいっても、「昨日の夜肩が痛かったみたいですが、今はどうですか?」なんてごく普通にあるような介入場面も広義では「面接」とも言えますので、常に意識せずに行っている行為とも言えるかもしれませんね!

OTによる面接の2つの目的について

では普段から行っているような「面接」ですが、改めてその目的とはなんでしょうか?
大きく分けると以下の2点になると言えます。

①情報収集としての面接


1つは、クライアントの過去、現在、そして今後の将来の問題についての事実とニーズ、そして考え方などについて聴衆し、情報収集するということです。
質問紙を使用したインテーク情報やカルテといった紙面上においての情報収集では、既往歴や現病歴、家族状況や家屋構造といった情報は収集できますが、その背景やクライアントが抱いている感情といった細かい点までは拾うことが難しくなってしまいます。
また評価手法の一つである「観察」では、どうしてもOTによる判断に依存するものなので情報としてはややバイアスがかかったものになってしまう傾向にもあります。

目的のある面接によってクライアントの表情や態度、動作やしぐさを「観察」し、さらに声量の変化やトーンの変化、抑揚といったことにまで注意を向けると、1つの情報にもより深みができてくるはずです。

ちなみに余談だけど、そのクライアントの家族への聴取によってつくられたインテーク情報に記載されてある
“本人の性格”って項目には、家族関係性が反映されていることが多いから初回の介入前にチェックしておくと非常に有益なんだよ!
夫婦関係悪いのに「夫は穏やかな性格です」なんて言わないでしょうからね(苦笑)

②関係性構築の為の面接


面接のもう一つの目的としては「関係性(ラポール)の構築」があげられます。
特に初回面接のときはクライアント自身も不安感でいっぱいのはずです。
その後の介入をスムーズにするためにも、“傾聴”を軸に面接を行う必要性があります。

まとめ

何気なく行っているような声掛けや、質問も広義の意味では「面接」と言えます。
ただし「面接とは目的を持った会話である」と言われているように、そのやり取りを「雑談」にするかどうかはOTの意識の違いによって大きく変わってきます。
目に見えない部分まで情報収集し、さらにクライアントとの関係性を構築する…という目的をしっかり持ったうえで、面接を行う必要があります。

作業療法士は語りたい!

「面接」っていうからには机に対峙した状態で行うほうがいいんですか?
もちろん“敢えて”そういう場面を設定して行う場合もあるよ!
“敢えて”??
例えば何か作業をしながらの「面接」と、机に対峙して行われるのとでは
本人が持つ「面接」に対しての意識に差ができるからね!
ふーむ。
場面を変える事で多角的に観る…ってことでしょうね!
そうだね!
あとはその面接内容によっても対峙しながらがいいのか、
クライアントの横に座って寄り添うようにすればいいのかも変える必要があるかもね!
…なんだかホストみたいですね(笑)
ええ!!!!!!!(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする